NHKスペシャル 世界ゲーム革命

NHKスペシャル 世界ゲーム革命

作者名 :
通常価格 1,047円 (952円+税)
獲得ポイント

5pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

巨大産業に変貌しつつあるゲーム開発。かつては「日本のお家芸」とまでいわれたが、いまや国策としてゲーム産業を推し進めるカナダやアメリカに大きくおくれをとっている。巻き返しはなるのか。日本の天才ゲーム・クリエイターや北米のゲーム関連企業の最前線を追い、コンピュータ・サイエンスと連動するゲームの可能性と衝撃の未来像を探る。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
IT・コンピュータ / IT・Eビジネス
出版社
NHK出版
ページ数
272ページ
電子版発売日
2011年10月07日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
2MB

NHKスペシャル 世界ゲーム革命 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2011年12月11日

    これはNHKスぺシャルで大反響があった番組を書籍化したものです。『お家芸』のお株を奪われてしまった日本と国策でゲーム開発をおし進める欧米諸国との対比が面白かったです。

    この本は先日放送されたNHKスペシャルを書籍化したものです。僕は今はほとんどゲームをやらないので、最近のゲームに関する動向はまった...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年06月13日

    読み始めは日本と海外の現状のゲーム制作の過程の話で終止それで終わってしまうと思っていましたが、私もずっと思っていた『ゲームって今のままでいいのかな?』へのちょっとした進化が見えておもしろかったです。

    日野さんと水口さんをフィーチャーする部分は評価が分かれますが、最後の水口さんと色んな方々へのインタ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年07月31日

    2010年末から2011年3月ごろのNHKスペシャルでの取材を元にした本。前半は世界のゲーム産業の潮流、後半は従来のゲームの外にあるものとの融合、特に現実世界とゲームとの融合がテーマ。前半では欧米流の開発プロセスに日本の敗因を探り、しかし彼らの真似ではなく日本らしい作り込みから突破口を開けるのではな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年04月21日

    NHKスペシャルの書籍化。世界を席巻していた日本のゲーム産業が、世界の中でかつてのような圧倒的な存在感を失っている現状を様々な観点で紹介する。
    最近でこそ、”ソーシャルゲームの台頭→ゲーム産業の危機?”のような報道を良く目にするようになったが、本書はそのような一面的な議論ではない。
    他業種と比べゲー...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年01月29日

    日本と世界のゲームの今。

    フレッシュな話題が多く、読んでいてとても楽しかった。

    個人的には、やはり任天堂に親しみがあるので、
    頑張ってほしいと思う。

    また、ゲームが様々な分野に進出していて、
    実に未来性のあるものだと感じた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年12月27日

    海外のゲーム産業の躍進、日本のゲーム産業の凋落、テクノロジーの可能性、産学連携の実情について赤裸裸に語っている内容で好感が持てる。
    それでもゲームの可能性と光を見据えている、とても骨のある語り口。
    日本の長所と短所を率直に捉えているのが良い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年09月17日

    "ゲームは我々の欲求や夢の鏡なのだ"

    現実逃避でも暇つぶしでもない。ゲームは未来を築く原動力にしていけるはず。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月02日

    2011年初めに放送された同名の番組の内容をまとめた本。
    番組を見た人にとっては、それほど読む価値は無いかもしれないが、番組に登場したゲーム・クリエーター水口氏のインタビュー・対談集は、番組では放映されなかった部分で、これは読むべき価値がある。特にMITのミンスキー教授との対談は、今後のゲームのあり...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年12月30日

    ゲーム業界の今が垣間見えるドキュメンタリー本です。

    まったく業界を知らない人がぱらぱら読んでも、
    それなりに楽しめる作りにはなってます。

    ただおもしろいネタはちらほら入っているのですが、
    ドキュメンタリーなためか人の物語に終始しているところがあり、
    もったいないなと思いました。

    なにか学びを得...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年09月21日

    読書メモ:『REALITY IS BROKEN』(Jane Mcgonigal)『Society of Mind』(Marvin Minsky)

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています