いつかどこかで。

いつかどこかで。

作者名 :
通常価格 569円 (518円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

出会いほど素敵な瞬間はない! 高校三年生の伊達公子に出会って、無気力な編集者だった僕は、スポーツライターに転身した。それから十年。中田英寿に出会い、武豊に出会い、有名無名さまざまな出会いを経験した。ときに怯え、二日酔いに苦しみ、ワールドカップの取材にあえぎ、阪神タイガースに救いを求めつつ──日本がどうやったら勝てるか、心底からの気持ちを文字にし続けたら、気がつくと今の僕があった。金子達仁が新境地をひらく瞬間に立ち会える記念碑的エッセイ集。

ジャンル
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
334ページ
電子版発売日
2011年09月16日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

いつかどこかで。 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2011年08月26日

    金子達仁の観点が好き。文章が適度に脱力して飽きることがない。

    様々なカテゴリーで活躍している人の話は、必ず、感心する部分がある。それは、本当にそうなのかもしれないし、その人たちの功績が説得力を生むものもあるのだろう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年06月06日

    その人となりがでる文章が好き。
    事実を事実のまま書きっぱなしだったり、批評めいたものじゃなくその人が感じたものを書いてある本がジャンル問わずいいな。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年12月28日

    辛口のサッカー批評で有名な、金子達仁氏のエッセイ集。

    サッカーだけでなく、競馬やスケート、そして野球(金子氏は熱狂的なトラキチだそうだ)について熱く語っている。氏の意見はちょっと偏向的なところがあり、時折違和感を感じるのだけれど、基本的に「熱い」メッセージに満ちているので、どのエッセイも読んでいて...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    サッカーコラムをイメージしていた金子さんですが、違うジャンルの記事を書かれています。まぁスポーツライターなのだから当たり前なのだが新鮮だった。馳大先生とG球団の話は面白いね。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています