そして蝶は花と燃ゆ

そして蝶は花と燃ゆ

作者名 :
通常価格 528円 (480円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

鳳城組組長の息子・桐弥は、カタギの高校生でありながら、天才的な博徒だった。若頭補佐・雨柳の仮初めの妻として、女装して賭博の女胴師を演じる桐弥。だが、極道見習いの水無月にほのかな恋心を抱く彼を、雨柳は許さなかった。「俺が極道である限り、お前を放しはしない」幼少の頃から兄のように慕っていた雨柳が、危うい色香を放つ桐弥に、修羅の如き執着と情欲の焔を燃え上がらせる。さらに組長襲撃事件が起こり、跡目争いも勃発する中、その独占欲と愛欲に惑う桐弥は――?

ジャンル
出版社
プランタン出版
掲載誌・レーベル
プラチナ文庫
ページ数
304ページ
電子版発売日
2011年09月02日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

そして蝶は花と燃ゆ のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2010年03月22日

    ちょっとページ多めな一冊。もっとエロとかイチャイチャがあってもいいんじゃない?って気もしますが、お話は良く出来てます。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    濃ゆい、とゆーか

    cazumix 2014年12月05日

    なかなか痛いお話。極道設定故にまあこんなもんでしょうが読後感はあまりよろしくないです(笑)。雨柳のクールに装いつつもちょっぴり病んでたり打たれ弱かったりな面にスーパー攻め様とは違うリアルさがあってちょっと手荒だけど魅力的だなと思いました。桐弥は箱入りすぎて始めちょいウザでしたが、雨柳と共に生きると腹...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年11月18日

    ヤクザもの…ですね

    自分の意思とは関係なく、どんどん深みに落ちていく主人公
    イタく、ほのかに暗く…でも、引き込まれていきます

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2012年06月04日

     鳳城組組長の息子・桐弥は、カタギの高校生として学校に通いながらも、天才的な博徒だった。
     その才能を買われて、若頭補佐・雨柳の仮初めの妻として、女装をして賭博の女胴師を演じる桐弥。
     けれど、桐弥は極道見習いの水無月に、ほのかな恋心を抱いていた。
     もちろん、そんな桐弥を雨柳が許すはずもなく、修羅...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています