お料理さん、こんにちは

お料理さん、こんにちは

作者名 :
通常価格 611円 (556円+税)
紙の本 [参考] 618円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

いまや日本中が知っている料理研究家・小林カツ代にも、料理の新人時代がありました。結婚して初めてつくった味噌汁は、ダシをとらずに大失敗。そんな初々しい奥さんで、あこがれは漫画家(本書も自筆イラスト満載!)だったカツ代さんの、笑いが絶えない台所修業記。食欲がわく・手間いらず料理・人好きネコ好きの三大特徴は三十年前も同じです。簡単「さぼりライス」や秘伝の黒豆レシピ、料理を仕事にするきっかけなど、読むだけで元気がでる“読む胃薬”のような一冊!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
エッセイ・紀行 / エッセイ
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
170ページ
電子版発売日
2011年08月19日
紙の本の発売
2004年04月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

お料理さん、こんにちは のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2019年01月30日

    『実践 料理のへそ!』(東京:文藝春秋社、2003年)よりも「読み物度」が高い。でも、さすがカツ代さん!普段のご飯作りにも、しっかりと役に立つ。特に、「ぬかみその作り方」(86~91頁)を参考に作ったmyぬか床は、10年以上経った今でも傷むことなく元気で、毎日美味しい漬物を我が家の食卓へ提供してくれ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年02月18日

    読みやすく、面白かったです。昭和の頃、こんなだったな~って懐かしい箇所も多々ありました。
    「花とレバー」の中に出てくるレバーのから揚げが気に入って、実際に作ってみましたが、おいしかったです!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年08月29日

    あの小林カツ代さんにも、料理初心者の時期はあった。
    料理研究家として活躍されている姿しかしらないので、ちょっと想像できないけど、くすっと笑えるエピソードも書かれていて、どんどん読める一冊です。
    30年以上も前に書かれたとは思えない指摘がいっぱいで、驚きです。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています