おなかがすく話

おなかがすく話

作者名 :
通常価格 704円 (640円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

著者が若き日に綴った、レシピ研究、買物癖、外食とのつきあい方、移り変わる食材との対話──。食への好奇心がみずみずしくきらめく、抱腹絶倒のエッセイ四十九篇に、後日談とレシピをあらたに収録。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
エッセイ・紀行 / エッセイ
出版社
河出書房新社
掲載誌・レーベル
河出文庫
電子版発売日
2016年08月05日
紙の本の発売
2015年02月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB

関連タグ:

おなかがすく話 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2015年08月06日

    「食に携わる人間は、つねに政治に敏感であること」とおっしゃっていたそうです。平和あってこその食べものだから。
    食べることを大切にし、おいしいものが大好きな人はみんな、食に携わる人間だ。肝に銘じておこう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年05月04日

    カツ代さんはチャーミングな方だなあ。内容的な事はちょっと時代を感じるけど、あの口調なんかを思い出しながら読んでた。お弟子さんのその後も興味深い。ご本人画のイラストかわいいな。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年04月18日

    小林さんのレシピが好きでした。
    エッセイも、人柄が忍ばれるユーモア溢れるもの…。
    エネルギッシュで楽しそうに料理しているようすが良かった!

    お弟子さんが書いたエッセイもまた、面白くて小林師匠との仲の良さをかんじました。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています