「持ってる人」が持っている共通点 あの人はなぜ奇跡を何度も起こせるのか

「持ってる人」が持っている共通点 あの人はなぜ奇跡を何度も起こせるのか

作者名 :
通常価格 770円 (700円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

野球の斎藤佑樹、サッカーの本田圭佑、ゴルフの石川遼など、「不確実な勝負の世界で、奇跡を何度も起こす人」のことを「持ってる人」と呼ぶ。彼らが単なる勝者・成功者と異なり、奇跡を“繰り返せる”のはなぜか。類希な強運と不断の努力は当然のことながら、「持ってる人」は、勝つ可能性を最大限まで高めるために、1他人を意識せず自分に集中し、2感情的にならず行動し、3過去にとらわれない。さらに、4周囲の応援と祈りを自分に引きつけて、不可能を可能にし、感動を呼ぶ。「持ってる人」に学べ。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 自己啓発
出版社
幻冬舎
電子版発売日
2011年07月22日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

「持ってる人」が持っている共通点 あの人はなぜ奇跡を何度も起こせるのか のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2012年09月20日

    タイトルがおもしろそうやったので読んでみた。
    予想以上に自己啓発っぽかったけど、個人的には好きな内容でした。
    「持ってるひと」は不確実性のなかで戦うひと、つまり「変えられないもの=他人・感情・過去」に振り回されることなく「変えられるもの=自分・思考、行動・未来」に全力を注ぐこと。
    また、九九%の努力...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年07月29日

    「あいつ、持ってんな」

    と思う人をたびたび見かける。が、持っているものの正体が私にもわからなくてもやもやしたりする。そんなときに本屋をうろついていて出会ったのが本書である。

    本書は「持っている人」が持っているものの正体を解き明かすために書かれた本である。解き明かすためとしている以上は最後には「持...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年06月26日

    【内容】
    最近、スポーツ選手でよく使われる「持ってる」の言葉。
    しかし、それは本当に「運」であったり、生まれつき「持っている」ものなのだろうか?彼らの共通点を探る。


    【読む目的】
    転職活動がきっかけで、人生において「運」がとても重要なことに気が付いた。そして、実は多くの人が同じことをいろんな場面...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年01月13日

    「持っている人」と「持ってない人」について記述した一冊。

    持っている人は主にスポーツ選手が取り上げられてるが、持ってない人との対比が面白い。
    これを読んですぐに「持っている人」になれるとは思えないが、「持っている人」を知ることはできるかと。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年02月16日

    「持ってる人」という表現をよく使うけど、いったい何をもってるのか?
    を明らかにしようよ、という本。

    持ってない人の例を挙げて、
    たとえば
    学芸会のこどもの役が気に入らないとクレームを言う、
    日本の政治はダメだと言いながら選挙に行かない、
    テレビやパソコンの調子が悪くて叩く
    など。

    持ってない人の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年08月20日

    ・補欠でも、常にスタンバイする意識でいる。
    ・持ってない人のタイプ、①「私は悪くない!(批判型)」、②「感情に左右される」、③「あきらめきれない(過去執着型)」、④「自分を中心に世界が回る(天動説型)」
    ・個人でできることを限界までやったうえで、変化のきっかけというささやかな(しかし重要な)第一歩を...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年07月04日

    ★2に近い★3。

    結局、「持ってる」人はどういう人なのかという、はっきりとした言葉がなかったのが残念。
    「関係」という言葉だけで、曖昧に逃げた感じがします。
    私は納得できなかった。

    スポーツ選手の例だけで、ビジネスマンの例で「持ってる」人の具体的な例があるとよかった。
    唯一読んでよかったのは第4...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年06月23日

    大半は、変えられるものに集中し、変えられないものの意味づけを変えるべきという話で目新しさはない。関係世界を財産として生かすという話も一般論にとどまっている。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2012年10月23日

    「持っている人」が持っていたのは、「関係世界」。自分の才能と関係世界との信頼、感謝、謙虚さを大切にしながら、勝負の世界で、実績と評判を積み上げていくもの。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2011年06月25日

    信頼残高は自己努力、自己選択、自己責任のもとに自分自身で獲得するもの。
    「約束」と「実行」を繰り返して信頼残高を貯めること。
    結果は常に自分の判断や行動次第。そして、結果から学び次に生かす。

    初新書。
    読み物としてもよかった。
    スポーツ選手に対する見方が変わった。
    新書って敬遠してたし偏見もなぜか...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています