虚線の下絵

虚線の下絵

作者名 :
通常価格 569円 (518円+税)
紙の本 [参考] 576円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

男はしがない肖像画家。一方、親友は画家として名声を得た。差は明白だが、男の妻にはその違いが分からない。愛する夫のため、肖像画の注文取りに奔走する妻は、次第に妖しい色気を増していく。疑心暗鬼にかられた男が陥った罠とは──。男女の業(ごう)をあぶり出す表題作ほか、2度の手術を耐えた男の「与えられた生」、英語通訳の心理を描く「通過する客」、見習い軍医の立場から二・二六事件を描く「首相官邸」、と鋭い人間観察が冴える全4篇の短篇集。

ジャンル
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
320ページ
電子版発売日
2011年07月15日
紙の本の発売
2005年11月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

虚線の下絵 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年11月22日

    再読。人間の深い葛藤する心理、鬱屈した心理がすごくよくわかる短編集。癌になり、なんとしてでも生きたいと思った男が若い愛人を手に入れ新しい人生に夢を持った後に突き落とされる「与えられた生」 。生活のために肖像画を書いている売れない画家とその注文を取るために営業している妻。はっきりとした確証はないものの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年09月16日

    これ前に一度読んだ事があった。(;^ω^) 226事件を同行させられた見習い医官の視点から描いた「首相官邸」、前は退屈だったけど今回はかなり面白く読めた。こういう作品があるのが、清張と他のミステリー作家との大きな違いなんだよね。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年11月04日

    松本清張、やっぱり面白い。
    が、解説の岩井志麻子もとてもよかった。そうそう!と思って解説を楽しみました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年07月29日

    与えられた生、虚線の下絵、通過する客、首相官邸、4編を収録。

    二・二六事件を扱った「首相官邸」以外は女性の不倫もの。
    「通過する客」が推理小説として一番面白かった。
    「首相官邸」は難しかったが、大半の兵士は真相を知らずに上官の命に従ってクーデターに参加したことが痛ましい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年09月04日

    借本。
    最初の話が衝撃的で、なんとも言えない気分に。
    著者の本は、ぐいぐい引き込まれるので、読んだ後にぐったりする事もしばしば、だけど面白い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月17日

    清張の男女間のトラブルを主とした人間ドラマ。

    売れない肖像画家である男は、売れっ子の親友画家と親交を深める。そんな中、マネージャーでも有る妻は次々と肖像画の発注を取ってくるため、親友夫婦に伝えてみると、それ以上は知らないほうが良いとたしなめられる。

    短編4篇のうち、3篇がちょっとした不倫から、家...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています