少年陰陽師 嵐の剣を吹き降ろせ

少年陰陽師 嵐の剣を吹き降ろせ

作者名 :
通常価格 506円 (460円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

時は平安。稀代の大陰陽師・安倍晴明の末の孫の昌浩は、まだまだ修行中の半人前。雑鬼たちにからかわれながらも、物の怪のもっくんとともに都で出仕に励む日々。ところが、藤原行成の邸に星が落ちた日から、都では嵐のような風が吹き荒れはじめる。その風は、いなくなった総領の子供を捜している天狗たちが起こしているものだった!! 昌浩ともっくんは、子天狗を捜し出そうとするけれど──!? 新章〈颯峰編〉、開幕!!

ジャンル
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川ビーンズ文庫
電子版発売日
2012年08月03日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
4MB

関連タグ:

少年陰陽師 嵐の剣を吹き降ろせ のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2011年04月19日

    時は平安。稀代の大陰陽師・安倍晴明の末の孫の昌浩は、まだまだ修行中の半人前。雑鬼たちにからかわれながらも、物の怪のもっくんとともに都で出仕に励む日々。ところが、藤原行成の邸に星が落ちた日から、都では嵐のような風が吹き荒れはじめる。その風は、いなくなった総領の子供を捜している天狗たちが起こしているもの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年03月06日

    2010年3月6日
    新しい章に突入。天狗が大量に出てくる。
    知識を詰め込み少し陰陽師らしくなった昌浩。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年12月08日

    この巻だけ
    表紙の雰囲気が
    違ったんだよね。
    でも、このシリーズのおかげで
    日本史好きになったw

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年11月07日

    颯峰編。
    じい様が近くにいないので、いつも以上に昌浩は大変そうに見えます。
    その分(?)、十二神将と昌浩の絡みが増えていてちょっと嬉しかったりwww

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    明るい雰囲気で新章が始まって続きがとても気になる。
    話のテンポが良かった。
    天狗たちの今後の活躍が楽しみ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    すっかり初期な雰囲気ですが、
    やっぱり違うなあ。
    あの続きだっただけに、結構気になってたんですが、
    あっさりすっ飛ばされた!爆

    一本とられました…でもこういうかたちも面白いな、と。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    新章シリーズですよ。昌浩がなんとなく元気ない気もするんですけど、保護者な神将ズがいいなぁ。でもって、もっくんごめん。最初鼻血かと思ったよ…(汗)

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年10月22日

    久しぶりに昌浩ともっくんの掛け合いがあって嬉しい!自分の未熟さを受け入れながら少しずつ大人になっていく昌浩が好もしい。昌浩を叱りとばすもっくんの言葉にも、子ども嫌いのもっくんを気遣う昌浩の言葉にもお互いを思いやる気持ちが溢れてて暖かい気持ちになった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年10月06日

    新章スタート! という事で、天狗とバトル? と思いきや
    案外平和に終わりました。
    鈍いのに気付こう編、といったところでしょうか?

    影の主役じい様と、ヒロインはまだあちらのようで
    ほぼ昌浩ともっくんばかり。
    しかし今回バトルはなかった…ものの、本人の自覚と
    周囲の気付きに1歩進んだな、と。
    大人にな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

     彰子やじい様の出番が無いのが少し淋しいですが、シリーズ初期を彷彿とさせるテンポの良さが小気味良かったです。とっしーの出番が多いのも嬉しい。しかし判断基準が判り易過ぎるぞ十二神将&嵬。(笑)
     確実に成長している昌浩を応援しつつ、雑鬼ーずに和まされつつ、それでも恒例行事の廃止はちょっと淋しいかな。な...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

少年陰陽師 のシリーズ作品

※予約作品はカートに入りません

1~56件目 / 56件
  • 少年陰陽師 異邦の影を探しだせ
    「ぬかるなよ、晴明の孫」「孫、言うなっ!」時は平安。13歳の昌浩は、稀代の陰陽師・安倍晴明の末の孫。資質は素晴らしいのだが、まだまだ半人前。よき(?)相棒の、物の怪(愛称もっくん)にからかわれながら、修行に励む日々である。そんな中、内裏が炎上するという騒ぎが起き、昌浩はもっくんと共に独自の調査を開始するが……。半人前陰陽師は都を救えるか!? 新説・陰陽師物語登場!!
  • 少年陰陽師 闇の呪縛を打ち砕け
    時は平安。異邦の大妖怪・窮奇を退治するため、毎夜都を見まわる昌浩(あの安倍晴明の孫!)と物の怪(愛称もっくん)は貴船神社で鬼女が丑の刻参りをしているという噂を耳にする。一方、道長の娘・彰子の身にも、妖に取りつかれた遠縁の姫君の魔の手がのびる。それらは全て、窮奇への贄として彰子を手に入れんとする妖異たちの企みだったのだ。昌浩は彰子を救うため、都の闇を叩き斬る! 新米陰陽師奮闘...
  • 少年陰陽師 鏡の檻をつき破れ
    時は平安。都では神隠しが頻発していた。そんな中、なんと道長の娘・彰子の入内が決定。さらに彰子は以前妖から受けた呪詛を発動させてしまう。異邦の妖怪・窮奇の仕業だ。衝撃を受ける昌浩(あの安倍晴明の孫!)は、しかし誰より大切な彰子の命を助けるため、相棒のもっくんと共に窮奇との対決を決意する。「来年絶対、螢を見に行こう」二人が交わした約束の行方は――。昌浩VS窮奇の、ついに最終決戦! ...
  • 少年陰陽師 禍つ鎖を解き放て
    時は平安。晴明の末孫・昌浩の目下の悩みは、彼をなにかとライバル視する陰陽生・敏次の“嫌み攻撃”。相棒もっくんに慰められつつ仕事に励む昌浩のもとに、右大弁・行成が怨霊に襲われ死の病に冒されている、との報がはいる。だがその事件の裏には、この怨霊を呼び起こした謎の術者の存在があって――。晴明の式占にあらわれた“不穏な影”とは何か? 半人前陰陽師奮闘記、怒涛の新章スタート!
  • 少年陰陽師 六花に抱かれて眠れ
    時は平安。半人前陰陽師・昌浩は、最近漠然とした悪夢に悩まされていた。そんな彼に「おーい、晴明の孫やーい」と気さくな雑鬼が知らせてきたのは、いやな感じの百鬼夜行が都に近づいているとの報。慌てて夜の見廻りに出た昌浩と相棒のもっくんは、その夜行に追われてさ迷う、か弱い魂に出くわす。一方、晴明の命を狙う謎の女術師・風音が、その後継者たる昌浩にも襲いかかってきて……!? シリーズ第五弾、...
  • 少年陰陽師 黄泉に誘う風を追え
    時は平安。神代の昔に閉ざされた黄泉の扉を、開こうと画策する者がいる。宗主と名のる謎の人物と、配下の女術師・風音。「我は天の帝を破砕し、地の帝を弑逆す――!!」そのために彼らが欲するのは、神の血をもつ生贄。北辰が翳り瘴気が吹き荒れるなか、半人前陰陽師・昌浩は都を救うため十二神将らと奔走するが……。昌浩に現れた“失せものの相”は一体何を意味するのか。少年陰陽師“風音編”衝撃の展開へ!!
  • 少年陰陽師 焔の刃を研ぎ澄ませ
    時は平安。晴明の後継・昌浩は、重い運命の選択を迫られる。黄泉の封印をとくための鍵として、紅蓮の魂は屍鬼にとりこまれてしまった。封印を守るため紅蓮を殺すか、なにもできずに黄泉の軍勢が人を滅ぼすのを見ているか……!? 失いたくないと、心の一番奥が叫んでいる。けれど――。逡巡の果て、昌浩はある一つの決意を胸に、宗主が潜む出雲国へと出立した! シリーズ“風音編”、激情のクライマックス!!
  • 少年陰陽師 うつつの夢に鎮めの歌を
    時は平安。稀代の陰陽師・晴明の孫でありながら、見鬼の才がまったくない安倍昌浩・13歳。都外れで打ちひしがれていると、目の前にぽとりと、不思議な白い物の怪が落ちてきて…(霧の籬を吹き払え)。年末年始の来客から身を隠すため、急遽安倍邸から無人の邸に移った藤原彰子。だがその邸には、さる姫君と笛師との、哀しい因縁が眠っていた…(うつつの夢に鎮めの歌を)など計4作を収録した、少年陰陽師選...
  • 少年陰陽師 真紅の空を翔けあがれ
    ――命の代わりに、命の次に必要なものを、あの子は失った…時は平安。相棒の物の怪が帰ってきてから、半月。晴明の末孫・昌浩は、いまだ出雲で傷の療養中だった。先の戦いの後遺症で霊力をそがれたうえ、陰陽師に必要不可欠な『眼』までが失われてしまった昌浩は、物の怪の言動に悩み傷つく日々を送っていた。その頃、郷では心が壊れたり行方不明になる人々が続出していて……。少年陰陽師、待望の新章に突入!
  • 少年陰陽師 光の導を指し示せ
    時は平安。大切な相棒・もっくんと共に都に戻ってきた、大陰陽師安倍晴明の後継・昌浩。そんな二人を待っていたのは、彰子の異母姉妹である中宮・章子に忍び寄る影の存在と、祖父晴明が倒れたという、衝撃の知らせだった――!! 晴明を襲う謎の妖と章子をつけ狙う怪僧とが手を結び、強大な敵となって立ちふさがる。昌浩に、そして晴明に迫りくる、命の危機――。絶好調・少年陰陽師“天狐編”!!
  • 少年陰陽師 冥夜の帳を切り開け
    「……じい様に…生きてて欲しいんです…っ!」時は平安。大陰陽師安倍晴明に、命の刻限が迫っていた。彼の、そして孫の昌浩の中にも流れる天狐の血が、その命を削っているのだ。大好きなじい様を助ける方法を探そうと、懸命になる昌浩。だがそんな中、昌浩と彰子は、天狐・晶霞と凌壽の確執に、さらには中宮章子を狙う怪僧・丞按の攻撃に、いやおうなく巻き込まれていく……。加速度的展開の“天狐編”!!
  • 少年陰陽師 羅刹の腕を振りほどけ
    時は平安。天狐の血を引く、安倍家の二人の陰陽師――。「……そろそろ限界だ」謎の天狐・晶霞の言葉どおり、少年陰陽師・昌浩はその身に流れる天狐の血にのまれかけており、祖父・晴明は、命を取りとめたものの危険な状態が続いていた。そして、昌浩への想いにめざめ、いつしか彰子への嫉妬をつのらせていた中宮章子の心の闇に、藤原氏に憎悪を抱く丞按がたくみにしのび寄ってきて――。“天狐編”さらに驚きの展...
  • 少年陰陽師 儚き運命をひるがえせ
    時は平安。羅刹という化け物に呑まれて行方不明になった中宮・章子。その身代わりとして、彰子が内裏に参内することになってしまう。愛する彰子を救うため、少年陰陽師・昌浩は相棒のもっくんと共に、中宮を探しだそうとするが……。一方、敵の天狐・凌壽と最後の戦いにのぞむ覚悟をした大陰陽師・晴明。彼と十二神将たちとの別れの時が迫っていた――。少年陰陽師“天狐編”ついに完結!!
  • 少年陰陽師 其はなよ竹の姫のごとく
    時は平安。稀代の陰陽師・晴明の孫である安倍昌浩は、兄の成親・昌親と一緒に、魔物に狙われている左大臣道長の息子・鶴君の護衛をすることになる。が、この鶴君、実はとんでもないわがまま若君で…(「玄の幻妖を討て」)。今をさること十年前。安倍家の長男・成親と“なよ竹の姫”と名高い美しい姫君との結婚秘話が明らかに…!? (「其はなよ竹の姫のごとく」)など計四作を収録した、大人気安倍家三兄弟が...
  • 少年陰陽師 いにしえの魂を呼び覚ませ
    時は平安。久々に平和な日々を過ごしていた、安倍晴明の後継・昌浩。そんな中、以前お世話になった道反の巫女のもとにお礼に行こうと思いたった昌浩は、紅蓮らと共に出雲へと向かうことに。だが昌浩は知らなかった。ちょうどその頃、荒魂を甦らせるための鍵を手に入れんと、謎の襲撃者が道反の聖域に襲いかかっていたことを――!! またしても新たな敵が、昌浩たちの前に立ちはだかる!! 少年陰陽師・新章、...
  • 少年陰陽師 妙なる絆を掴みとれ
    時は平安。昌浩達を襲った謎の術者・真鉄は、なんと風音の体と霊力を乗っ取っていた。非情な攻撃により、昌浩は瀕死の状態に。人間を傷つけてはならないため、思うように反撃できない神将達もまた酷い傷を負い、真鉄と、彼に従う妖狼・たゆらが、意識のない昌浩を連れ去るのを阻むことが出来なかった。予想もしなかった惨状を前に、安倍晴明は、ある決断をするが――!? いにしえの神の国・出雲を舞台にした...
  • 少年陰陽師 真実を告げる声をきけ
    時は平安。出雲の地で、瀕死の昌浩を助けてくれた少年・比古は、珂神比古と呼ばれる、真鉄の一族の長だった。敵対する存在として再会した比古は、大蛇の力を操り、昌浩と神将達を攻撃してくる。比古を憎むことができない昌浩は、必死で、ある事を訴えようとするが――!? 一方、都にいる彰子の身にも、魔の手が忍び寄っていた。友情を感じながら敵として出会った昌浩と比古の運命は大きく狂いだす。珂神編第...
  • 少年陰陽師 嘆きの雨を薙ぎ払え
    時は平安。「出雲の覇権を取り戻す」――久流一族の悲願が蘇らせた荒魂。昌浩の必死な気持ちが通じ、比古は、荒魂を還す方法を探そうと、真鉄たちのもとへ戻った。が、兄弟同然に育ったもゆらの、信じがたい姿を目にした比古の心に、決定的な変化が起きる――!  “贄”として久流側に囚われてしまった彰子にも危機が迫るが、そんな事情を知る由もない昌浩は――!? 予想しえない大きな運命のうねりが昌浩を襲う...
  • 少年陰陽師 翼よいま、天へ還れ
    時は平安。昌浩達の活躍により、平和を取り戻したかに見えた都。だが、その上空には、見慣れぬ異形の姿があった。兄・成親が妖に襲われて怪我を負い、安倍邸に身を寄せる彰子のもとにも、不気味な声が近づく。徐々に不穏な影が濃くなる中、昌浩ともっくんが遭遇した敵とは…!? そしてその戦いの裏に隠された悲しい一族の運命とは…! “窮奇編”のその後を描くシリーズ初の外伝登場!
  • 少年陰陽師 果てなき誓いを刻み込め
    時は平安。荒魂・八岐大蛇は完全復活した。が、復讐のために全てを賭けてきた真鉄の心に、ある疑念が…。一方、一族の怨嗟を受け継ぐ“珂神比古”として覚醒した比古は、昌浩に容赦ない攻撃を向ける。一瞬の隙をついた一撃から、昌浩をかばい、立ちはだかった彰子の運命は――!? 一度は心を通わせた比古を、昌浩は倒すことができるのか。出雲九流族の悲願の裏に隠された真の敵とは――!? 珂神編、激動の完結巻!!
  • 少年陰陽師 思いやれども行くかたもなし
    時は平安。稀代の陰陽師・安倍晴明の後継として数々の妖と戦っている昌浩(まさひろ)も、普段は陰陽寮で直丁として勉強中の身。昌宏と先輩陰陽生・敏次(としつぐ)の二人で、右大弁・行成(ゆきなり)に対する呪詛返しに乗り出すことになったけれど…!? (「百鬼夜行の蠢く場所は」)、道反の聖域を訪れた比古(ひこ)神が、力を貸した見返りに風音を妻によこせを言う。普段は感情を出さない六合だが…?...
  • 少年陰陽師 数多のおそれをぬぐい去れ
    時は平安。出雲での戦いからひと月。昌浩が戻った都は、不穏な気配につつまれていた。何日も止まない長雨、内裏の上空に感じられる奇妙な渦……。確かめるため、内裏の一角に入り込んだ昌浩と物の怪は、十二神将に似た出で立ちの女に出会うが…!? その頃、雨に霞む岸璧に“帝の姫”を心待ちにする幼い少女と、付き従う若者の姿があった。見えざる力は、やがて帝を動かし──!? 絶好調シリーズ、新章“玉依編”スタ...
  • 少年陰陽師 愁いの波に揺れ惑え
    時は平安。何日も止まらない雨のように、昌浩の思いは晴れない。そんななか斎宮が倒れ、異変がつづく伊勢から、天照大御神の依代として、帝の娘・脩子を連れてくるよう天勅がくだった。帝は、晴明と安倍家の娘である彰子に、脩子といっしょに伊勢に行って欲しいと言い出す。その直後、都では地震が起き、金色の龍があらわれた。昌浩は紅蓮とともに、龍を倒そうとするが――!? 激動の玉依編、第二弾!!
  • 少年陰陽師 刹那の静寂に横たわれ
    時は平安。傷ついた心を抱えた昌浩は、相棒もっくんといっしょに都で仕事に励む日々。そのころ晴明と彰子は、帝の娘・脩子とともに降りつづく雨を止めるため、伊勢へと向かっていた。だがその途中、彰子たちは脩子を狙った術士たちに襲われてしまう。一方、帝の娘を待つ少女・斎のもとに、このままだと昌浩の心が闇に囚われ、神を砕く力になってしまう、との神託がくだる──!! 人気シリーズ玉依編、運命の...
  • 少年陰陽師 迷いの路をたどりゆけ
    時は平安。帝の娘・脩子と一緒に伊勢へむかう晴明と彰子。彼らを追いかけて都を旅立った昌浩は、その途中、益荒たちに出会い、玉依姫のもとに連れていかれてしまう。 一方、彰子たちはふたたび虚空衆に襲われ、脩子がさらわれそうになる。それを止めたのは、玉依姫に連れ去られたはずの昌浩だった。だが昌浩は、彰子たちのことをまるで見知らぬ人を見るような目で見ていて…!? 玉依編、第4巻!
  • 少年陰陽師 彼方のときを見はるかせ
    時は平安。心の傷を癒すため、玉依姫のもとに連れてこられた昌浩。だが、祈りを捧げつづけてきた玉依姫の最期の力が途絶え、気脈の化身である金色の龍がふたたび暴れ出してしまう。昌浩は神の力を取り戻すため、紅蓮といっしょに龍を倒し、地御柱をおおう邪念を断ち切ろうとする。そこで昌浩が目にした本当の敵とは──!? いま、玉依姫をめぐる哀しい真実が明らかになる。玉依編、完結!!
  • 少年陰陽師 嵐の剣を吹き降ろせ
    時は平安。稀代の大陰陽師・安倍晴明の末の孫の昌浩は、まだまだ修行中の半人前。雑鬼たちにからかわれながらも、物の怪のもっくんとともに都で出仕に励む日々。ところが、藤原行成の邸に星が落ちた日から、都では嵐のような風が吹き荒れはじめる。その風は、いなくなった総領の子供を捜している天狗たちが起こしているものだった!! 昌浩ともっくんは、子天狗を捜し出そうとするけれど──!? 新章〈颯峰編...
  • 少年陰陽師 祈りの糸をより結べ
    時は平安。昌浩が見つけ出した天狗の子・疾風には、翼を壊死させ、死に至らせるという恐ろしい外法がかけられていた。颯峰とその伯父・伊吹は疾風にかけられた外法を解いてくれと、晴明がいない安倍邸に空から乗り込んできた。だが、そのためにはひとの身では一刻ともたないと言われる天狗の郷・愛宕に入らなければならない! 紅蓮、朱雀とともに愛宕に向かった昌浩だったけれど……!! 大人気シリーズ〈颯...
  • 少年陰陽師 まだらの印を削ぎ落とせ
    時は平安。天狗の子・疾風にかけられた外法を形代にうつし、なんとか助けようとする昌浩。ところが、都では藤原行成の息子・実経が謎の病に倒れてしまう。疾風を襲った外法師が、実経にも同じ外法をかけていたのだ。そのうえ外法師は、実経を救いたければ、疾風から手を引けと昌浩を脅してきた!! 昌浩は疾風と実経のふたりを救うために、外法師を倒そうとするけれど──!? 大人気シリーズ<颯峰編>、激動...
  • 少年陰陽師 千尋の渦を押し流せ
    時は平安。外法師を倒し、都に戻った昌浩。気になるのは、総領天狗・颶嵐に招かれたまま戻らないもっくんと勾陣のことだった。そのころ天狗の郷・愛宕では異変が起きていた。郷全体に十二神将すらも苦しめる外法がかけられてしまったのだ。深手を負い、清明邸にたどり着いた颯峰に話を聞いた昌浩は、天狗たちを救うため、ふたたび愛宕に向かう。そこで昌浩が目にした真の敵は──!? 大人気シリーズ<颯峰編...
  • 少年陰陽師 御厳の調べに舞い踊れ
    時は平安。希代の陰陽師・安倍晴明の孫である昌浩は、陰陽寮の直丁として修行中の身。修行の一環として紅蓮の式を作ろうとしたところ、とんでもないものができあがってしまい!? (「出だしを思いめぐらせば」)、玉依姫をめぐる事件のあと、帝の娘・脩子とともに伊勢の斎宮にたどり着いた晴明と彰子。ところがそこにも大量の魔物たちがあらわれて……(「御厳の調べに舞い踊れ」)など計四作品を収録した大...
  • 少年陰陽師 夕べの花と散り急げ
    時は平安。大陰陽師・安倍晴明の末孫の昌浩は、もっくんとともに平和な日々を送っていた。しかし、そんな穏やかなときは、兄の安倍成親が餓鬼に襲われて一転する。その後も安倍の術師を狙った事件が続き、昌浩も何者かに襲われ、危ないところを螢という少女に助けられる。しかも昌浩に匹敵する霊力を持つ螢は、晴明の父・益材が播磨の神祓衆の長と約束した、昌浩の婚約者で──!? 大人気シリーズ、新章〈籠...
  • 少年陰陽師 仄めく灯とひた走れ
    時は平安。「捕らえ次第首を刎ねよ」──何ものかにはめられ大罪の咎人として追われる昌浩に、帝の容赦ない命が下される。昌浩を捕らえるため、安倍邸はもちろん、都中に配置される検非違使たち。捕まれば即斬首の絶体絶命の状況の中、昌浩は螢ともっくん、勾陣とともに逃亡する。しかし、帝が執拗に昌浩の命を絶とうとする背後には、螢の出身地・播磨の陰陽師の姿があって……!? 大人気シリーズ〈籠目編〉第...
  • 少年陰陽師 さやかの頃にたちかえれ
    時は平安。殺人未遂と、皇后へ呪詛をかけた犯人として追われる身となった昌浩。その背後では播磨陰陽師の長から遣わされたという男が事件の糸をひいていた。しかし、冤罪で捕縛されそうになった昌浩を、なぜか播磨陰陽師の螢が助け、共に逃亡する。その途中、昌浩たちは何ものかの式に襲われて──!? さらに、都では帝が昌浩の父・吉昌をはじめ、安倍家のものたちの罷免を計画していた。雌伏の時を数える〈...
  • 少年陰陽師 願いの証に思い成せ
    時は平安。安倍晴明の父が神祓衆と定めた、小野螢と昌浩の結婚。その約定を解消するため、昌浩は播磨の郷に行くことを決意する。白い髪に赤い双眸を持つ神祓衆の影を担う男、氷知の案内で郷へ向かうが、そこで明かされたのは、螢の凄絶な過去だった。一方都では人心を乱す黄泉からの風が吹き荒れ、呪詛が解けないまま、皇后定子の命の灯火が消えようとしていた――全ての事件が動き出す〈籠目編〉第四巻!!
  • 少年陰陽師 朝の雪と降りつもれ
    時は平安。左腕を蟲に蝕まれた紅蓮に、喉の自由を奪われた昌浩と、次々に起こる異常事態。播磨の郷で、勾陣が味方のはずの神祓衆を疑ったときにはすでに、彼らは黄泉の風に取り巻かれていた。四方を敵に囲まれる中、昌浩は夢殿に導かれる。運命に抗うため、神将の助けのない夢殿で昌浩はひとり黄泉の葬列と対決するが!? 葬列は、一体誰のもとに訪れたのか――昌浩が、彰子が、螢が選ぶそれぞれの未来。激震...
  • 少年陰陽師 ひらめく欠片に希え
    【電子版だけの特別短編を収録!】時は平安。安倍晴明の末の孫、昌浩がもっくんと勾陣と共に播磨に残り、神祓衆のもとで修行をはじめて三年近く。ある日、颯峰が成親からの文を携えてやってくる。不穏な内容で帰京を促すその文に、急遽邸に戻った昌浩。しかし彼を待ち受けていたのは、稀代の大陰陽師、安倍晴明と全面対立する、安倍吉昌をはじめとした陰陽寮だった!! 安倍晴明 対 安倍昌浩、戦いの火蓋が...
  • 少年陰陽師 こぼれる滴とうずくまれ
    【電子版だけの特別短編を収録!】時は平安。稀代の大陰陽師、安倍晴明 対 陰陽寮の対決が終わり、都に穏やかな日々が訪れたかに思えた。だが、「わしがいない間、あとは任せたぞ、昌浩や」そう言って吉野に旅立った晴明が、消息を断つ。さらに、予言を放つ不吉な妖『件(くだん)』に昌親の娘が襲われる。現場に向かった昌浩は、残された妖気に、晴明に酷似したものを感じて!? むつまじかった祖父と孫...
  • 少年陰陽師 うごもつ蔽に捧げもて
    【電子版だけの特別短編を収録!】十二神将・朱雀の剣に貫かれた紅蓮。彼の安否が分からぬまま、安倍晴明から逃げる昌浩と勾陣。同じく晴明に追われる屍と咲光映の姿は、昌浩にかつての自分たちの姿を思い起こさせて…。緊迫の<尸櫻編>第3弾!!
  • 少年陰陽師 慄く瞳にくちずさめ
    【電子版だけの特別短編を収録!】「騰蛇は生きている」。尸櫻に神気を奪われ目覚めない十二神将・勾陣。彼女が残した言葉を信じ、昌浩は屍と咲光映を連れて逃げる。しかし、尸櫻の魔の手は、安倍晴明率いる十二神将にまで及ばんとしていて!?
  • 少年陰陽師 こたえぬ背に哭き叫べ
    黄泉の風を呼ぶ美しい歌は、人を惑わせ生気を奪い、夢の向こうにひそむ。それは伊勢の斎たちにも及び……!? 一方菅生の郷では神祓衆の結界が何者かに壊されてしまう。そして昌浩の前に成親が現れ!?
  • 少年陰陽師 けがれの汀で恋い慕え
    「お前の後継。残る寿命は、――」都に広がるけがれの連鎖と、昌浩たちが直面する残酷な運命――一途な願いの奥にひそむ覚悟とは……。そして智鋪衆の本当の目的の一端が明らかになる!<厳霊編>第3弾!
  • 少年陰陽師 現代編・近くば寄って目にも見よ
    時は現代。大陰陽師・安倍晴明やその孫、昌浩と同じ名を持ち十二神将を供にする陰陽師たちがいた。熱烈な支持をうけ、特別企画でしか読めなかった“パラレル現代版”が満を持して大量書き下ろしを収録し一冊に。現代に生きるもうひとりの“少年陰陽師”の物語が幕を開ける!
  • 少年陰陽師 おどみの殿でこころざせ
    穢れの雨が降り続く都。陰気に乱された龍脈を鎮めようと邸を出た昌浩と太陰の前に現れたのは、泉津日挟女だった!  脩子の魂蟲を取り戻すため対峙したその時、成親に潰された昌浩の右肩に激痛が走る!  傷とともに埋め込まれた籠目の術が教えたのは、敵に与した成親の本当の目的だった――「意地だ。あの大陰陽師安倍晴明の後継と、一度でも呼ばれた者の矜持だ」 兄弟の絆に、黄泉の赤き雷が牙をむく!! <...
  • 少年陰陽師 現代編・遠の眠りのみな目覚め
    現代東京、大陰陽師・安倍晴明の孫と同じ名をもつ中学2年生の安倍昌浩は、半人前ながら十二神将とともに陰陽師として依頼を受けている。 ある日レストランに出た女幽霊の事件がきっかけで強大な化け物と対決することに!  その化け物は、女性を夢に誘い生命力を奪うという。 ついには幼馴染みの彰子も倒れて目覚めなくなり!?  彼女を救うため、一人で戦うことを決めた昌浩は……。現代に生きる“少年陰陽師...
  • 少年陰陽師 まじなう柱に忍び侘べ
    囚われた内親王・脩子の魂蟲を探す昌浩は、益荒から斎の魂が何者かに奪われたと知らされ伊勢に向かう。 対峙した黄泉の魔物が明かした「玉依姫」を狙う戦慄の理由とは? 時を同じくして、冥官の命をうけたもうひとりの陰陽師・榎リュウ斎が動き出した……! 「神を祈る、神に祈る。守り給え。守らせ給え。すべてを」 都で、伊勢で、播磨で。戦いにすべてを懸けた命たちが繋いだのは、一条の希望の光だった――...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

少年陰陽師 に関連する特集・キャンペーン