孤高のメス 神の手にはあらず 第1巻

孤高のメス 神の手にはあらず 第1巻

作者名 :
通常価格 550円 (500円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

前人未踏の脳死肝移植を成功させながら激しいバッシングにあい、病院を辞した当麻鉄彦。彼を守りきれなかった病院からは次々と医師が去り、経営に暗雲が垂れこめる。一方当麻は、後を追ってきた矢野とともに、台湾で患者の命を救い続けていた。そんな折、日本での手術が絶望的になった「エホバの証人」の癌患者が一縷の望みで当麻を訪ねてくる……。

ジャンル
出版社
幻冬舎
ページ数
284ページ
電子版発売日
2011年04月28日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

孤高のメス 神の手にはあらず 第1巻 のユーザーレビュー

    購入済み

    とにかく面白いとしか言えない。

    睦久ちゃんじぃじ 2019年04月21日

    医療現場をモデルにした小説で、その展開も早く、時間を忘れて読んでます。
    面白いとしか言えません。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年01月23日

    しまった、先にこちらを読んでしまった。
    そのため前半の人物名がよくわからんかった。
    でも、十分楽しめました。
    台湾と日本、繋がるのか・・・?

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年09月02日

    孤高のメスの続編。このシリーズ何故かなかなか見つからず、1ヶ月越しでようやく。やっぱりカッコイイ。爽快な気分になる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年03月30日

    なんとなく購入。チームバチスタ以来の医療系。
    専門用語が多く、自分は医療系なので抵抗なく読めたが素人には無理な文章だろうと思った。(だからレビューが少ないのか)

    甦生記念病院を追われた当麻と矢野は台湾の病院で引き続き外科のオペ中心の生活を送っていた。追われた病院へは新任の外科の医者が就くが評判が良...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年02月13日

    台湾での当麻の活躍……という印象しか残っていなかったが、冒頭から甦生記念病院の苦境から描き出し、日本と台湾との舞台転換により物語が進んでいく。まあ、当麻が去った後の甦生記念病院も気にはなるが、またしても外科医の風上にも置けない荒井がやって来るし、西日本大卒の向学心はあるが人間的にどうかと思う大塩が登...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年12月10日

    新米の医師なら失敗はあるだろう けど医療の現場では失敗は許されない。医療ミスももみ消されたりしてたのかな。失敗とはいかなくても上手い下手はあるだろう。相変わらずリアルな術中描写が凄い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年04月29日

    映画化もされた前作の続編。
    こちらはマンガのシナリオを書き起こしたわけではなく当初から小説として書かれているんどえ前作よりは違和感が少な読み物として楽しめる。著者の過去の恨みつらみも含めて、医療界に横たわる問題を交えながらのまとめであるが、いずれにしてもストーリーはご都合主義でしかないのが残念。今時...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年12月12日

    シーズン1というか、1〜5巻が面白かっただけに期待度が高かった分、その後の説明が多すぎてダラダラ感が否めなかった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年09月27日

    間違えて続編から入ってしまった。医療専門用語が多かった。でも以前からの疑問、新米医師のミスについてや、論文の為の動物実験、分野を超えた手術についてリアルに描いてあって興味深かった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年02月17日

     孤高のメスの新シリーズ。
     前作で勤める病院に失望し、台湾へと渡った主人公。台湾での活躍を描く。と同時に以前勤めていた病院では次々に難問が・・。
     まだまだ大きな展開がなく2巻以降に期待を。

    このレビューは参考になりましたか?

孤高のメス 神の手にはあらず のシリーズ作品 1~4巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~4件目 / 4件
  • 孤高のメス 神の手にはあらず 第1巻
    前人未踏の脳死肝移植を成功させながら激しいバッシングにあい、病院を辞した当麻鉄彦。彼を守りきれなかった病院からは次々と医師が去り、経営に暗雲が垂れこめる。一方当麻は、後を追ってきた矢野とともに、台湾で患者の命を救い続けていた。そんな折、日本での手術が絶望的になった「エホバの証人」の癌患者が一縷の望みで当麻を訪ねてくる……。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 孤高のメス 神の手にはあらず 第2巻
    当麻は台湾でも着実に評価を高め、日々多くの患者が訪れていた。そんな折、台湾の国際外科学会に、彼が日本を去る一因を作った反当麻の急先鋒、徳武が顔を見せ、不穏な空気が流れる。一方、当麻を失った病院では、医療の質が落ち、患者の数は減るばかり。経営が悪化する中、島田院長の言動に明らかな異変が現れ、事務長らは追い込まれて行く……。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 孤高のメス 神の手にはあらず 第3巻
    恩師・羽島から自らの癌手術に立ち合って欲しいとの依頼を受け、久しぶりの日本で手術に臨んだ当麻。かつてのライバルとのわだかまりも消え、心地よい一献を傾ける。一方古巣の甦生記念病院では、盲腸の手術中に起こった麻酔事故で患者が脳死状態に陥ってしまう。患者の弁護士と外科医長・荒井は激しく対立、ついに訴訟問題に発展してゆく―。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 孤高のメス 神の手にはあらず 第4巻
    死亡肝移植によって一命をとりとめた大川が拒絶反応を起こし、再手術のため台湾へ来る。当麻は翔子もまた病魔に侵されていることを告げ、自らメスを執った。最愛の翔子と共に生きるため、古巣の甦生記念病院へ戻る決心を固める当麻。しかし病魔は静かに翔子の体を蝕んでいた……。現代の医療システムに警鐘を鳴らす衝撃の問題作、ついに完結。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています