世界極悪人大全 「野心」と「渇望」と「狂気」の果て

世界極悪人大全 「野心」と「渇望」と「狂気」の果て

作者名 :
通常価格 760円 (税込)
紙の本 [参考] 761円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

作品内容

ドラキュラ公、ピョートル大帝から毛沢東、スターリン、フセイン大統領まで、世界に悪名を残した暴君たち。彼らは欲望を満たすためなら、手段を選ばず国中を処刑場とした…例えば1972年頃マルコス政権下のフィリピンでは、鼠の死骸を口に押し込む、囚人の耳を削いで本人に食べさせる、性器に電気ショックを与えるなどの拷問が日常的に行われていた。その“狂鬼”が目覚めたきっかけは何なのか? 生い立ちから最期まで、極悪人26人の<教科書にのらない世界史>。

ジャンル
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
362ページ
電子版発売日
2011年04月15日
紙の本の発売
2010年02月
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2017年03月04日

残虐な独裁者、暴君、ペテン師、猟奇的殺人者…。数々の『極悪人』極悪エピソード。
人間は一面では語れないとつくづく思う。面白かったです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年09月07日

目次

Ⅰ.世界を震撼させた独裁者・暴君たち 近・現代編
 
 毛沢東
 スターリン
 フアン・ペロン
 ヒトラー
 マルコス大統領
 アミン大統領
 ポル・ポト
 フセイン大統領
 
Ⅱ.世界を震撼させた独裁者・暴君たち 古代~近世編
 
 ドラキュラ公
 カラカラ帝
 ティベリウス帝
 チェーザ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年09月12日

悪い・・・というか残虐な話が多くて怖かった。
拷問や人を痛めつける描写が容赦無い。
実在する人物のエピソード・・・というのだから、余計に怖い。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています