子どもの才能は3歳、7歳、10歳で決まる! 脳を鍛える10の方法

子どもの才能は3歳、7歳、10歳で決まる! 脳を鍛える10の方法

作者名 :
通常価格 770円 (700円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

早期教育は年々激化し、ついに「0歳児教育」まで出現する有様。だが、子どもの才能を伸ばすのに一番重要なのは脳の発達に合わせた教育である。0~3歳は脳の細胞が増え続ける時期で、未熟な脳に負担をかける知識の詰め込みはNG。将来的に才能が伸びなくなる。3~7歳の不要な脳の細胞が減っていく時期は、悪い習慣をやめさせることが先決。7~10歳からは脳の回路が発達し始めるので、本格的に学習させるべきだ。本書では年齢ごとにどのようにしつけ、教育すればいいのかを、脳医学の知見からわかりやすく解説。

ジャンル
出版社
幻冬舎
ページ数
172ページ
電子版発売日
2011年03月18日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

子どもの才能は3歳、7歳、10歳で決まる! 脳を鍛える10の方法 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年12月24日

    今まで読んだ早期教育系の本で、一番わかりやすく、理論的に納得できた本。
    アドラー心理学とも関連づけて考えられる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月12日

    3〜7歳では、悪い習慣をやめること。

    たくさん当てはまっているようで、ちょっとショック。
    これはきっと親のせい。

    なかなか難しそうだが、がんばってみよう。

    悪い習慣? 物事に興味を持てない、感動しない
    悪い習慣? 無理、できない、大変など否定的な言葉を使う
    悪い習慣? よく「後でやるよ」と言う...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年04月06日

    めっちゃよかった!考え方 気持ちの持ちようを脳科学の観点から読みとく本。臆病だったり後ろ向きな気持ちも 脳科学的にはきちんと機能し自分を守ろうとしている証拠で 脳のクセを理解したら前向きに持っていける。
    記憶の仕方にも4種類あり それによって記憶の定着が変わることは 記憶の低下に苦しむ大人にも超参考...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年08月07日

    脳の発達過程から、子どもとどう接すれば良いかを書いてくれていて、分かりやすい。子どもへの脳トレですが、会社の部下育成も同じな気がした。好きになり、感動して、物事に一直線に真剣に取り組む!失敗を認めて、課題を克服する。類似問題で決断力を磨く。会社でも応用全然効きます!さっそく、会社の教育で使わせてもら...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年08月02日

    なるほどと思える記述が随所に。
    ビジネス臭と結びついた、妙な教材などに手を出すことなく、脳科学なり、人間の成長プロセスなりに基づいた全うなことをしておけばよいのだなぁと再認識です。
    付箋は14枚付きました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年03月08日

    てっとり早く指示しがちだけれど、自分で選択させるようになるべくしていこう。

    育脳の目的は、子どもが社会の中で活躍し、充実した人生を送ること。
    人のためになることが自分にとってうれしいと感じられる貢献心を育む教育こそ目指すべきもの。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年09月15日

    2012/07/31-2013/09/16
    賢い母親必読の書。小学校教諭の経験からして、素晴らしい著書である。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年02月14日

    北京オリンピックの競泳日本代表チームに招かれ、「勝つための脳」の講義を行った、医師の本。3歳、7歳、10歳の区切りで、対応を変える必要性があるとのことです。気になったのは、P62:失敗を認められないことは、脳を機能させるうえで大きな問題を引き起こす。自分に足りないものは何かを認識し、克服できることは...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年04月03日

    0〜3歳は本能を磨く
    3〜7歳は脳の土台を作る(間引き期間)
    7〜10歳以降は自主的に勉強させる

    父親の役割も書いてあり、夫にも読んでもらいたい

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年12月07日

    脳の動きから、こどもへの接し方を考える本。

    会議中、眠くなっちゃうのは、A10神経群がつまらない、わからないというレッテルをはってしまうからなんだねー。

    --
    否定的な言葉を口にするのは脳の自己保存の本能だが、脳が情報にマイナスのレッテルをはってしまい、思考力や記憶力が低下する。

    0-3歳
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています