フランケンシュタイン

フランケンシュタイン

作者名 :
通常価格 330円 (300円+税)
獲得ポイント

1pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

11月も雨のわびしい夜、消えかかる蝋燭の薄明かりの下でそれは誕生した。解剖室などから各器官を寄せ集め、つぎはぎされた身体。血管や筋のひとつひとつが透けて見える黄色い皮膚。そして、茶色くうるんだ目。若き天才科学者フランケンシュタインが生命の真理を窮めて創りあげたもの、それがこの見るもおぞましい怪物だったとは! 無生物に生を与える実験の、しかしあまりに醜悪な結果に、彼はこの生き物を見捨てて逃げ去るのだが……。いくたの映画やドラマ、小説等を通じ、あまりに有名な不朽の名作。

ジャンル
出版社
東京創元社
ページ数
330ページ
電子版発売日
2011年01月31日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

フランケンシュタイン のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年07月15日

    200年ほど前に書かれた本ですが、今読んでも、というか、今こそ読みたい、読んでほしい本ですね、これ。

    自分は、この本を読んでいて、『ジキル博士とハイド氏』と『ガリバー旅行記』を思い出しました。
    構成もなかなか面白いです。

    しかも、メアリー・シェリーが、二十歳そこそこで書いた本、というのは驚き。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年09月29日

    「タイトルは有名だけど中身知らないよね」
    となる典型的な作品の一つ。

    長らく積ん読状態だったけど、
    とあるブログのレビューが興味深かったのでこの度呼んでみた次第。

    語り手が交代しながらモノローグを行うように展開されていて、
    解説よろしくこれが後生の『嵐が丘』等へ派生していくというのは個人的に胸が...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年02月01日

    ピーター・ラヴゼイ『地下墓地』、
    ピンチョン『Is it O.K. to be a Luddite?』などを読んで
    気になっていた古典作品。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年05月11日

    ”人造人間”のアイデアの元祖、そしてSF小説の起源とされることもある古典中の古典。

    知名度の割に原典は全然読まれてないことでも有名だそうです。

    科学を志す学生、ビクター・フランケンシュタインが造り上げた”怪物”によって引き起こされる悲劇的ストーリー。

    生命の創造、知識の獲得に伴う悲劇、孤独、善...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年01月25日

    フランケンシュタインというのは怪物じゃなくって怪物を作った人の名前だよというのは知っていたけれど、こんなロマンティックな小説だとは思ってもみませんでした。1818年に出版されたこのイギリス小説、肌触りがルソーの「エミール」に近いなあと思いながら読みました。両方とも教養を得るために「プルターク英雄伝」...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年01月08日

    怪物を創造した若き天才科学者フランケンシュタイン。
    狂気のような熱情に駆りたてられて仕事を続けてきたフランケンシュタインは、怪物が生み出されるのとほぼ同時に病に倒れ、怪物は失踪する。
    怪物は民家に潜んで言葉を覚え、感性を身につける。
    文字を学んだ怪物は、実験室から持ち出した衣類のポケットにあったフラ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年12月19日

    だだだぁーーっと読めて実に面白かったです!ホラー中心かと思いきや、怪物の人間くさいところなどが伺えて読む前の印象とは大分違った印象を読んだ後は抱きました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年11月16日

    ヴィクター・フランケンシュタイン博士に作られた怪物。博士の愛情をもとめながら博士の弟、親友、妻を手にかけていく。

     2009年6月7日初読

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日


    フランケンシュタインはハカセの名前。
    今よく見るフランケンシュタインの怪物とはまったく別物www
    でもこれが原作というか元ネタなんだから笑うしかにゃいww
    いや、でも深い作品だと思います。
    古臭くても読む価値ありです。
    後、角川版じゃなくこっちのほうが訳が安定しているそうです

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    フランケンシュタインの創造物の孤独にやられてしまって、いつも以上に片寄った読み方をしてしまったという自覚があり、感想を書きあぐねておりました。
    語り手と聞き手という構図にも意味があると思うのですが、頭がさっぱり冷静に回りません。

    この作品、題名の直訳は「フランケンシュタインの創造物」らしいのですが...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています