刀光剣影 天下御免の信十郎3

刀光剣影 天下御免の信十郎3

作者名 :
通常価格 770円 (700円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

先の越前国主・松平忠直を豊後府内に送り届けた秀吉の遺児・波芝信十郎、大和忍びの鬼蜘蛛、伊賀服部の統領キリは、日本を縦断する“山ノ道”を辿って陸奥までやってきた。伊達忍軍“黒脛衣組”を追ってきたのだ。この山中で上杉忍軍“軒猿”の頭から、山形五十七万石の国主・最上義俊暗殺の情報を得た信十郎は……。

ジャンル
出版社
二見書房
掲載誌・レーベル
二見時代小説文庫
ページ数
346ページ
電子版発売日
2011年01月31日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

刀光剣影 天下御免の信十郎3 のユーザーレビュー

レビューがありません。

天下御免の信十郎 のシリーズ作品 1~9巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~9件目 / 9件
  • 快刀乱麻 天下御免の信十郎1
    二代将軍秀忠の世、秀吉の遺児にして肥後・加藤清正の猶子、波芝信十郎と大和忍びの鬼蜘蛛は、江戸に到着早々後水尾天皇に嫁した和子中宮(秀忠の娘)への供物行列を襲う謎の一団に遭遇。林崎神明夢想流の必殺剣で行列を守ったことから、徳川将軍家擾乱を策謀する勢力との闘いに巻き込まれてゆく──!
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 獅子奮迅 天下御免の信十郎2
    二代将軍秀忠の「御免状」を懐に波芝(なみしば)信十郎は、越前宰相忠直が布陣しつづける関ヶ原に向かった。大坂の陣から八年目にして再び戦雲が日本を覆い尽くそうとしている。秀吉の遺児にして九州南朝の名門、肥後菊池一族の皇子、信十郎は、林崎神明夢想流の豪剣をもって、天下大乱を狙う勢力の策謀に挑んでゆく……。雄大で痛快な展開に早くも話題沸騰! 大型新人の第2弾!
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 刀光剣影 天下御免の信十郎3
    先の越前国主・松平忠直を豊後府内に送り届けた秀吉の遺児・波芝信十郎、大和忍びの鬼蜘蛛、伊賀服部の統領キリは、日本を縦断する“山ノ道”を辿って陸奥までやってきた。伊達忍軍“黒脛衣組”を追ってきたのだ。この山中で上杉忍軍“軒猿”の頭から、山形五十七万石の国主・最上義俊暗殺の情報を得た信十郎は……。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 豪刀一閃 天下御免の信十郎4
    三代将軍宣下のため上洛の途についた家光と父・秀忠。江戸から京まで三十万余の軍勢を従えての旅だが、将軍父子の命を狙う策謀が待ちかまえていた。秀吉の遺児にして肥後・加藤清正の猶子(養子)波芝信十郎は、家光の小姓・柳生十兵衛らとともに、御所忍び八部衆の度重なる襲撃に豪剣をもって立ち向かう。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 神算鬼謀 天下御免の信十郎5
    三代将軍家光の世、九州南部から琉球国にかけて、島津、イスパニア、キリシタンたちを巡って何か途轍もないことが起こりかけている。秀吉の遺児にして加藤清正の猶子・波芝信十郎は、二年ぶりに帰った故郷・肥後を天下騒乱の発火点にするわけにはいかない。菊池ノ里の頭・菊池彦として大隠謀に立ち向かう。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 斬刃乱舞 天下御免の信十郎6
    三代将軍家光の世、父の大御所秀忠は家光の弟である忠長に、徳川の゛聖地゛駿河を与えた。ここに、尾張の義直、紀伊の頼宣、家光の乳母・斉藤福、そして天下の謀僧・南光坊天海を巻き込んでの、忠長を巡る徳川家の暗闘が始まった。秀吉の遺児にして加藤清正の猶子(養子) 波芝信十郎は天下騒乱を阻むために闘う。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 空城騒然 天下御免の信十郎7
    三代将軍家光と大御所秀忠が上洛中で空同然の江戸城奥御殿に暗雲がたちこめはじめた。将軍の弟・忠長抹殺を企む一派が、忠長の後ろ盾である大御台・お江与を狙って謎の刺客を送り込んだのだ。秀吉の遺児にして加藤清正の猶子・波芝信十郎と、その妻で服部半蔵三代目のキリが、西と東で策謀に立ち向かう。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 疾風怒濤 天下御免の信十郎8
    三代将軍家光の世、オランダは高砂(台湾)のタイオワン港を占拠、日本へ牙を向けてきた。そんな折、高砂へ威力偵察に出航した長崎奉行所の御用船がオランダ要塞に拿捕された。秀吉の遺児にして肥後菊池一族の長・波芝信十郎は、御用船に乗り組んでいた菊池一族らを救出すべく、明人倭寇の巨大ジャンクで現地に突入して……。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 駿河騒乱 天下御免の信十郎9
    三代将軍家光の世。家光の父・大御所の秀忠は秘かに、全国にあふれる十万を超える浪人を、家光の弟で駿河五十五万石の主・忠長に率いらせ、明国救済の大軍として渡海させようとしていた。これに対し、家光側近や怪僧天海らが策謀を巡らせる。秀吉の遺児にして加藤清正の猶子波芝信十郎は三代服部半蔵ら忍群を率い、騒擾の駿河へと向かった。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

天下御免の信十郎 に関連する特集・キャンペーン