子連れ侍平十郎 1 上意討ち始末

子連れ侍平十郎 1 上意討ち始末

作者名 :
通常価格 440円 (400円+税)
獲得ポイント

2pt

-
    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

剣の達人であったがために藩を二分する権力闘争渦に巻き込まれた長岡平十郎。病身の妻と5歳になる千沙を守りながらも、強大な権力に押し流されていく下級武士の悲哀を、チャンバラ小説の第一人者が描いた“泣ける、感動する”長編時代小説です。

ジャンル
出版社
双葉社
ページ数
317ページ
電子版発売日
2011年01月31日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

子連れ侍平十郎 1 上意討ち始末 のユーザーレビュー

レビューがありません。

子連れ侍平十郎 1 上意討ち始末 のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • 子連れ侍平十郎 1 上意討ち始末
    剣の達人であったがために藩を二分する権力闘争渦に巻き込まれた長岡平十郎。病身の妻と5歳になる千沙を守りながらも、強大な権力に押し流されていく下級武士の悲哀を、チャンバラ小説の第一人者が描いた“泣ける、感動する”長編時代小説です。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 子連れ侍平十郎 2  江戸の風花
    心ならずも荷担した派閥が藩内の政争に敗れ、上意を帯びた討手を差し向けられた長岡平十郎。もはや五歳になる千沙と二人だけの平穏な暮らしには戻れない。下級武士の意地を通すため脱藩し、江戸に向かった父娘だが、そこも安住の地ではなかった…。『上意討ち始末』に続く「子連れ侍平十郎」涙の完結篇!!
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています