裏道を行け ディストピア世界をHACKする

裏道を行け ディストピア世界をHACKする

作者名 :
通常価格 979円 (890円+税)
紙の本 [参考] 1,034円 (税込)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

ふつうに生きていたら転落する。

知識社会化が進み、人生の難易度がますます上がっていくーー。

残酷な「無理ゲー社会」を攻略するための
たった一つの生存戦略とは?

才能のある者は人生を攻略(HACK)し、
才能のない者はシステムに搾取(HACK)される。

常識やルールの「裏道を行け」!


【本書の目次】

PART1 恋愛をHACKせよーー「モテ格差」という残酷な現実
PART2 金融市場をHACKせよーー効率よく大金持ちになる「究極の方法」
PART3 脳をHACKせよーーあなたも簡単に「依存症」になる
PART4 自分をHACKせよーーテクノロジーが実現する「至高の自己啓発」
PART5 世界をHACKせよーーどうしたら「残酷な現実」を生き抜けるか?


【本書の内容】

・「女性嫌悪」に走るモテない男たち
・ナンパ師が手にし損ねた「ほんとうの愛」
・道徳的な「モテ戦略」とは       
・「寝てるだけでお金を貯めた」天才の極意
・ブラックジャック必勝法は存在する
・ノーベル経済学賞の先を行け
・ギャンブルは「向精神薬」
・大学生の50%が「ネット中毒」
・「ちがう自分」という強迫観念
・「自己実現した主体」が幸福をもたらす
・トランスヒューマニズムと「優生学2.0」
・「寝そべり族」はなぜ生まれたか
・自己啓発としての「ミニマリズム」
・「ストア哲学」は究極のメンタル術   ……ほか

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
社会・政治 / 社会学
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社現代新書
ページ数
272ページ
電子版発売日
2021年12月15日
紙の本の発売
2021年12月
サイズ(目安)
3MB

裏道を行け ディストピア世界をHACKする のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2022年03月23日

    より良く生きていくための人生のウラワザを教えてくれる本だと思い読んでみたら、そうではなく、恋愛、金融、依存症、自己啓発等、庶民にとって上位に行くのがほぼ不可能とされる「無理ゲー」をハックした人たちの顛末を中心に、著者の考察を加えた内容であった。

    心理学の理論を応用して、今までの自分には到底モノにで...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年02月12日

    無理ゲー社会、ディストピアをHACKする方法について、様々な文献を引用しながら述べられている。読み応えあり!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年01月23日


    成功者、あるいは失敗者の事例編纂

    ・アメリカのカリスマナンパ師の手法とその後の人生
    ・金融市場の抜け穴に気がついた人が、寝ているだけでお金を稼いでくるシステムを構築したこと
    ・脳の仕組みとあらゆる依存症、とりわけギャンブルが脳にもたらすもの
    ・アメリカで1960年代に台頭した精神世界へのブームの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年03月30日

    この本のキーワードは「HACK」。
    恋愛、脳、人体、社会を「HACK」した人物の具体的な話が、付帯する研究と共に書かれている本でした。
    恋愛の「HACK」に関しては、嫌悪感を抱く方も多いかもしれません。が、自分が気付かぬうちに「HACK」の対象となっている事に気付かされ、それに対する、「逆HACK」...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年03月05日

    リベラルは全ての人に優しい思想だと思ってたけど、
    仕事や恋愛やお金など全ての事に対して残酷なほど実力主義で強者と弱者の格差を生む思想だということがわかった。

    ただこの本はハックする方法や戦略が書かれてるわけじゃないので、
    タイトルや帯から想像する内容とは少し違うかもしれない

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年02月15日

    橘玲さんの本は毎年1冊は読んで、世界の流れにキャッチアップするようにしています。
    本書も、ハックをテーマに恋愛、金融などのカテゴリーで以前からの流れを追いつつ、現在そして未来の片鱗を伝えてくれます。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年02月14日

    モテないことは、悲劇。でも性愛だけが全てでもない。新しい何かに進化したくても、脳は石器時代のままで人為的な成長の促進は可能なのだろうか?人類史上初の飢えない時代では、自分の頭で考えることが大事。デジタルとは少し、距離を置いた方が、いい。現代のマーケティングは脳をハッキングすることだと警鐘を鳴らしてま...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    世の中の不条理と向き合う

    cookbook 2022年02月12日

    読んでいるうちに何についての本なのか忘れかけるくらい各章ごとに違った切り口で人生のHackを語っていて、純粋に各トピックで扱うテーマが面白かった。恋愛、金融、テクノロジーなどの一見すると別々の話が、人間の合理的行動がもたらす変化という点でつながっているのかなと。淡々と海外の論文や歴史的事実を積み上げ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年02月05日

    無理ゲーな人生をハックした(しようとしている)事例の記録。
    その対象は、恋愛/金融市場/脳/自分/世界。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年01月24日

    本書は、社会の王道と言われる方法ではなく、独自の視点から人生を攻略してきた人達の記録である。
    誰もができることではない彼らの行動を振り返ることで、私たちにも学べることがあるのだと思う。私なりの解釈では、例えば、、、
    使う側に立つのか、使われる側に立つのか?
    大きな視野で物事を捉えたら、どんな景色が見...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

講談社現代新書 の最新刊

無料で読める 社会・政治

社会・政治 ランキング