アンワイアード デジタル社会基盤としての6Gへ

アンワイアード デジタル社会基盤としての6Gへ

作者名 :
通常価格 1,980円 (1,800円+税)
獲得ポイント

9pt

-
    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

【電波×インターネット】
電波と共にインターネットは地球全体を舞台に果てしなく進化する。

新しいデジタル政策の体制が整って、新しいデジタル社会が生まれようとしている。本書は5Gの先の情報通信技術基盤の上に立脚する社会や経済のあり方について見据える提言書である。大きな変革をもたらす可能性のある5Gの解説を踏まえた上で、6Gに向けて現在行われているさまざまな挑戦の技術動向を見ていく。また、電波とインターネットが統合したアンワイアードな環境への移行と、そのアンワイアードの環境が社会の基盤となるために行われていること、実現できることなどについて広く議論する。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
IT・コンピュータ / 情報通信
出版社
インプレスR&D
掲載誌・レーベル
Next Publishing
電子版発売日
2021年10月08日
サイズ(目安)
6MB

アンワイアード デジタル社会基盤としての6Gへ のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

レビューがありません。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

Next Publishing の最新刊

無料で読める IT・コンピュータ

IT・コンピュータ ランキング