ペッパーズ・ゴースト

ペッパーズ・ゴースト

作者名 :
通常価格 1,500円 (1,364円+税)
紙の本 [参考] 1,870円 (税込)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

中学の国語教師・檀は猫を愛する奇妙な二人組が暴れる小説原稿を生徒から渡される。さらに檀は他人の未来が少し観える不思議な力を持つことからサークルと呼ばれるグループに関わり始め……。作家生活20周年超の集大成となる一大エンターテインメント長編!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
朝日新聞出版
ページ数
392ページ
電子版発売日
2021年10月01日
紙の本の発売
2021年10月
サイズ(目安)
1MB

ペッパーズ・ゴースト のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2022年01月14日

    年を明けてから読み始めた本作。
    発売したことは聞いて購入していたものの、手つかずだったものを、フーガはユーガを読んで再び伊坂ワールドに惹き込まれたいと思い、読み始めた。

    一言で言うならば。
    直接的で、短絡的で、鼻で笑われるような内容だけれど。
    伊坂ワールド全開だった。
    という言葉が、一番相応しい作...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年01月10日

    特殊な力を持つ家系に産まれた檀先生は、復讐テロ事件、復讐殺人、報復事件に巻き込まれていく。
    間接キスやくしゃみなどにより、飛沫感染を通して、その人の翌日の1番大きな出来事を《先行上映》として少し見ることが出来る。自分の生徒をその力で新幹線の事故から救ったことで、その生徒の父親(警察)に怪しまれてしま...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年01月10日

    やっぱり、伊坂さんの作品は最後がいい。
    猫虐待の描写がひたすら辛かったけど、ラストになんか泣けてくる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年01月02日

    不幸な存在を救うことが小説家の使命だとしたら、伊坂さんほどそれに忠実な人はいないと思う。
    ニーチェの見事なレトリックに人は容易に翻弄されてしまうけど、不器用な善意で対抗することは可能なのだと思わせてくれた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年01月01日

    伊坂さんらしい長編小説!
    物語の交差の仕方が私の予想を遥かにこえていた。
    ペッパーズゴースト。そういうことか!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年12月25日

    登場人物やストーリー設定など伊坂作品にハズレなし。沈んだ気持ちを前向きにしてくれる。ロシアンブルの悲観的思考に共感し、アメショーの楽観的思考に救われた。面白さと道徳性が一体化している。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年01月14日

    物語の中に物語があったり、時々高いところから小説の世界を眺めているような視点を与えられたり、ストーリーを追っているうちに一気読みだった。
    ちょっと頼りない中学教師が持つ能力、悲観的性格と楽観的性格の二人組などが良いスパイスとなっていると思う。最後に「ペッパーズ・ゴースト」の意味が分かってトリックに納...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年01月10日

    伊坂さんのお話って「コレ、伏線ですよ!」っていうのが、絶妙に気づけるように描かれている。
    カジさんは再登場するだろう、噴射するビールサーバーはどこかで使われるだろう、って思って、後から「ほら!」ってなる。
    犯人1人、人質3人、って報道されてたのも、沙央莉が出てきた時点で「ほら!」ってなる。

    てこと...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年01月03日

    お馴染みの、非合法な仕事を請け負う(依頼内容に賛同もしているようだが)コンビは、手際よく、ためらいもなく、爽快なほどでユーモアさえある。
    現実的な人々の方は、やり方も回りくどく、悩みもがき、何かと面倒くさい。
    その対比は、物語として面白いだけではなく、シンプルな懲悪にただ酔いしれることに、歯止めをか...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年01月01日

    「はい、こんにちは。ネコジゴハンターです。猫に頼まれて来ました」

    「先行上映」他人の明日を少し観ることのできる能力を持った中学の国語教師の檀先生が生徒の未来を観ることから事件に巻き込まれていく物語

    伊坂作品ではけっこうお馴染みの作中作!主人公のネコジゴハンターのアメショーとシアンさんが
    魅力的で...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める 小説

小説 ランキング