Discover Japan 2016年2月号 Vol.52

Discover Japan 2016年2月号 Vol.52

作者名 :
通常価格 509円 (463円+税)
獲得ポイント

2pt

-
  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※電子書籍版には、表紙画像や中吊り画像に掲載されている一部の記事、画像、広告、付録が含まれていない、または一部の画像が修正されている場合がありますので、内容をご確認の上、お楽しみください。

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

民藝運動とは、無名の職人が生み出す
名もなき日用品に息づく美しさに光をあてるものでした。
今年は、日本民藝館開設80年目となるメモリアルイヤー。
いまや「民藝」は世界中で認知されている美の思想であり、
現代の日本のものづくりや手仕事の多くは、
民藝の影響なくしては語ることができません。
民藝の技を受けつぎ、現代の生活に合ったものづくりをしている人、
決して見た目が民藝的でなくとも、そのものづくりの根底にある精神が
「民藝」であるものが今の日本には数多く存在します。
そういったものはまさに、「ニュー民藝」と呼べるものではないでしょうか。
※電子版は、紙の雑誌とは内容が一部異なり、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、本誌掲載の情報は、原則として奥付に表記している発行時のものです。

ジャンル
出版社
ディスカバー・ジャパン
ページ数
202ページ
電子版発売日
2016年01月06日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
126MB

新刊オート購入

Discover Japan 2016年2月号 Vol.52 のユーザーレビュー

レビューがありません。

Discover Japan のシリーズ作品

※予約作品はカートに入りません

1~10件目 / 84件
  • Discover Japan2020年3月号 Vol.101
    NEW
    2020年、ニッポンの酒のとらえ方、楽しみ方はさらに多様化し、大きな転換期を迎えます。 そのひとつが、昨年発表された日本酒の未来に関わる重大なニュース。輸出向けの商品を造る場合に限り、いままで認められてこなかった日本酒製造場の国内新設の許可を、政府が検討しているのです。 これを機に、今後ニッポンの酒がよりいっそう世界に評価される時代がくるでしょう。 いま、ディスカバー・ジャパンが...
  • Discover Japan2020年2月号 Vol.100
    いま日本は空前のホテル・オープンラッシュです! 世界のラグジュアリー・ブランドが続々開業し、そのムーブメントはまだまだ続きます。 その中でもいまもっとも注目を集めている新しいホテルの秘密をしっかりと紹介いたします。 今後、ますます観光は日本の大切なコンテンツになっていくはず。 そして日本にどんな宿があるのか、そのいまを知り、未来を予測するのは大切なキーとなるはずです。 ※デジタ...
  • Discover Japan2020年1月号 Vol.99
    主宰する書道教室ではおよそ300名の門下生が通い、 世界中でパフォーマンス書道の活動を続ける、日本を代表する書家・武田双雲さん。 NHK大河ドラマ『天地人』や世界文化遺産「平泉」をはじめ、 誰もが一度は目にしたことのある題字を手掛けている双雲さんが、 2020年2月5日より開催される、 自身初となる大規模アート個展「ピカソ、ごめん。」展を皮切りに現代アーティスト・Souun♡として生まれ変わりま...
  • Discover Japan2019年12月号 Vol.98
    モノがあふれ、デジタルの進歩に伴い情報も手に入りやすくなり、 世の中への関心がエシカル、サステイナブル……に向かう中、モノに対するつくり手や買い手の意識も高まっています。 そうした背景の中で、今回の特集では、ニッポンのモノづくりをあらためてリサーチし、再発見します。 いま本当に欲しいモノを考えたとき、浮かんでくるのは、作家モノ、ロングセラーの定番品、骨董……をフラットな視点でとら...
  • Discover Japan2019年11月号 Vol.97
    近年、発酵食の存在が見直されていますが、発酵は、トレンドでも単なる食のジャンルでもありません。 発酵とは、古来日本に続く食文化であり、全国に多種多様な発酵文化が引き継がれています。 日本は世界に名だたる発酵王国。発酵なくして和食は語れないのです。   たとえば味噌や醤油、味醂や納豆、漬物、酒、茶など……、あなたの身近なアレもコレもぜーんぶ発酵だと知っていましたか?  そのほか、へし...
  • Discover Japan2019年10月号 Vol.96
    Discover Japan の定番となった「京都特集」は、令和のこの秋、10回目を迎えます。 10月22日には天皇陛下の御即位の儀式「即位礼(そくいれい)」も執り行われ、京都もお祝いムードで盛り上がっています。 そうした中、今年の京都特集は、天皇ゆかりの場所として「京都御所」に注目します。 都の中心である京都御所は、長らく日本の中心でもありました。 元号が令和に変わった5月の京都御所には、なんと1...
  • Discover Japan2019年9月号 Vol.95
    日本は山や峠、海岸線など地形の変化に富んでおり、移動すること自体を楽しめる国土です。そんな日本を旅をするために乗り物で移動そのものを楽しむ時代がやってきました。 本特集では車、飛行機、電車といった、この夏の旅にふさわしいさまざまな乗り物旅をフィーチャーいたします。それぞれの乗り物の特徴やコース、この夏、日本を楽しむための特別な旅の仕方を提案し、乗り物旅だからこそ見つけられる...
  • Discover Japan2019年8月号 Vol.94
    この夏はアート旅? 島旅? リゾート? 全部欲張るためのヒント満載!  今年4回目となる現代アートの祭典、瀬戸内国際芸術祭(瀬戸芸)は、7月19日からいよいよ作品が出揃う夏会期が開幕します。すでに春会期には、過去最高となる約38万人が世界中から訪れており、この夏はますます盛り上がる予感…! というのも、瀬戸芸の舞台である瀬戸内は2019年に行くべきデスティネーションとして『National Geogra...
  • Discover Japan2019年7月号 Vol.93
    第三次ビールブームが到来中!うまいビールを探せ! 小規模な醸造所がつくる、地域らしさを表現した地ビール。1994年の酒税法改正により、最低製造量が2000㎘から、60㎘へと緩和されたことをきっかけに、全国に小規模なビール製造会社、いわゆるマイクロブルワリーが誕生しました。これが第一次の地ビールブームです。しかし、当時は醸造技術が未熟で、ブームは沈静化していきました。 その後、2004年より...
  • Discover Japan 2019年6月号 vol.92
    新時代「令和」を記念し、一家に一冊!日本文化・歴史を天皇からひも解きます。 新時代「令和」を迎え、今年は日本の転換期であることを多くの人が感じているのではないでしょうか。 日本人にとって大きな出来事になりますが、そもそも“天皇”についてきちんと知っていますか?  世界に類をみない1800年以上の続くEmperorである天皇は、そもそもいったいどんな存在であるのでしょう。 天皇があゆんできた...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています