「柴田光滋」おすすめ作品一覧

「柴田光滋」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2011/10/28更新

ユーザーレビュー

  • 編集者の仕事―本の魂は細部に宿る―
    編集の仕事の面白さ、不思議さがよくわかる一冊。本に対する見方が変わります。

    本を読むとき、その内容ばかりを気にしているような気がするけれど、実はそうではない。内容の良し悪しはもちろん重要だけど、内容を気持ち良く読者に伝えるためにはいろんなことが工夫されている。

    本のサイズ、紙の種類、フォント、文...続きを読む
  • 編集者の仕事―本の魂は細部に宿る―
    テキストだけべたっとあってもそれは材料だけがそこにある。これを一つの料理のように、飾り付け、中身の味を調え、満足する「もの」として売る。それが本だ。
    確かにCDの売り上げは減った。でも編集者ががんばれば本はそのまま残るかもしれない。
    あの手にしたときの重量・におい・見やすさなど著差のような編集者がい...続きを読む
  • ワインをめぐる小さな冒険
     ワインフリーク、しかも高額なビンテージものでないものに関するこだわりを書きます。「世界ピノノワール選手権」などどんな味…?という想像を掻き立てられます。
  • 編集者の仕事―本の魂は細部に宿る―
    なぜコピーした本の活字は読みにくいのか。また電子書籍はよみにくいのか。モノとしての本をさぐることにその答えがあった。今の時代だからこそ読む価値があるのでは。一昔前では単なる雑学本になってしまっていただろう。

    ・一次元の原稿を三次元に、の章全般
    ・校正にお金をかけない(時には全く)出版社が多いのは残...続きを読む
  • 編集者の仕事―本の魂は細部に宿る―
    本の良し悪しは、読まなくても分かる。なぜなら「いい本」には、オビから奥付まで随所に工夫が凝らされているから―。「1頁が存在しないのはなぜか」「目次と索引こそ技量が問われる」「余白の意味」「明朝体の美しさ」「本文紙は白ではない」など、数々の名著を手がけた編集歴四十余年のベテランが、本づくりについて縦横...続きを読む