「勝谷誠彦」おすすめ作品一覧

「勝谷誠彦」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2017/02/14更新

ユーザーレビュー

  • ディアスポラ
    コーマック・マッカーシー「ザ・ロード」に負けない日本の文学。スケールも大きいし悲しみもかけています。テレビの印象があるのかもしれないけれど置いて読んでほしいな。質の高い文学作品だと思います。日常についていろいろ思ったり日本酒が飲みたくなったり原発の向こう側の作品です。福島原発事故前に書かれた作品で踏...続きを読む
  • 獺祭 この国を動かした酒
    2016/12/27 ジュンク堂三宮駅前店にて購入。
    2018/6/21〜6/26

    勝谷誠彦さんが獺祭を生み出した旭酒造と桜井氏について書いた本。私が獺祭のすごさに気づいたのは2007年のこと。外国人を連れて居酒屋に行く機会があったのだが、まだ日本でもそれほど知られていない時期にヨーロッパから来て...続きを読む
  • ディアスポラ
    日本人全員難民化の時代を書いたもの。
    運命の日「事故」で、日本人は離散して、その後の話。

    淡々としていて、読みながらも状況がなかなかつかめないまま
    文章が進んで行くところが、その世界の荒寥さとか不安感を感じさせます。
    「ココはどこ?私は誰?」状態の気分になります。

    悲壮感とか失望とか、そういう感...続きを読む
  • 獺祭 この国を動かした酒
    想像以上に面白かった。結果論かもしれないが、人気になるにはロジックがある。日本酒のことを少し知れて、今までより愛着を持って飲めるようになった。
  • ディアスポラ
    10年以上前に書かれた現在の日本を暗示するかのような純文学的な小説。表題作の『ディアスポラ』の他に『水のゆくえ』を収録。

    『ディアスポラ』とは民族離散という意味のようだ。ある事故で日本列島に居住不能となり、チベットの難民キャンプに暮らす日本人の物語…

    『水のゆくえ』も原発事故後の日本を舞台に杜氏...続きを読む