「千葉乗隆」おすすめ作品一覧

【千葉乗隆】の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/02/17更新

ユーザーレビュー

  • 新版 歎異抄 現代語訳付き

    わかりやすい

    とてもわかりやすい現代語訳です。
    初めて歎異抄に触れるには良いですね。
  • 新版 歎異抄 現代語訳付き
    昔読んだけど、改めて読んでみる。

    個人的には悪人こそが阿弥陀如来に救われるというのはなんだかなあ。善悪というより、もっと大きな視点からいうと、言わんとすることは分かるけど。

    まあ、親鸞の教えと相違することを言う弟子がいると言うことで、これが書かれているわけだけど、人の言葉を介した時点で、完全に同...続きを読む
  • 新版 歎異抄 現代語訳付き
    「南無阿弥陀仏」と念仏さえすれば、他の善い行いは不要。善人も悪人も分け隔てなく浄土に行ける。むしろ悪人こそ阿弥陀さまの力にすがるので浄土に生まれる資格がある。悪事も恐れることはないと説く。鎌倉時代に生まれたこの新興宗教は抵抗が大きかったためか、法然はスキャンダルに巻き込まれ流罪。親鸞も巻き添えに。。...続きを読む
  • 新版 歎異抄 現代語訳付き
    最後に著者自身がこの歎異抄を読んでいても全く感動しないのは何故かと書いていて笑った。喜びがないのは煩悩の仕業であって、こういう煩悩に悩む者を救うのが阿弥陀様である、と親鸞が言っているという。「他力」も専修念仏も一種の了解放棄である。それが早道かもね。
  • 新版 歎異抄 現代語訳付き
    ○この本を一言で表すと?
     念仏原理主義のすすめ


    ○考えたこと
    ・日本史の教科書で必ず出てくる親鸞の考え方や言行、浄土真宗を打ち立てた人の考え方が分かってよかったです。

    ・「他力本願」を徹底的に追求していて小気味良いくらいだと思いました。自力救済の徹底的な否定は、ある意味原理主義的ですらある...続きを読む