「マイケル・ダントニオ」おすすめ作品一覧

「マイケル・ダントニオ」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/02/21更新

ユーザーレビュー

  • スペンド・シフト―〈希望〉をもたらす消費
    "2008年のリーマン・ショック後、

    浪費一辺倒だったアメリカの文化が変わった。。

    これは今後の日本のあり方にも通じる部分があり、

    学べる点、参考になる点が多い考え方であり、

    本だと思います。

    なかなかヒントの多い1冊。

    皆さんにおすすめです。"
  • 女神的リーダーシップ ~世界を変えるのは、女性と「女性のように考える」男性である
    借りたもの。

    これは男性的/女性的の二者択一なジェンダー論の本ではない。

    今日、理想的なリーダーには〈女神的〉価値観が求められているという。
    この本にある〈女神的〉価値観とは、地域や時代を問わず“女性的”と分類された資質である。
    共感、公平、叡智…
    それらはギリシア神話の女神アテナが象徴するもの...続きを読む
  • 女神的リーダーシップ ~世界を変えるのは、女性と「女性のように考える」男性である
    「世界を変えるのは、女性もしくは「女性のように考える男性」である」と。それを実証するために、日本を含む各国で調査、世界中でインタビューをおこない、レポートしている。この変化は「とりあえず売る」という過去のマーケティングからの決別で、「長くつきあう」LTVの向上がこれからのマーケティングだと思うし、こ...続きを読む
  • スペンド・シフト―〈希望〉をもたらす消費
    リーマンショック以降、アメリカの時代は終わるんだと漠然と考えていたが、実はアメリカ国内のあらゆる地域で、消費、生産、サービスに関わる新しい動きが生まれ、広がりつつあるという、非常に勇気づけられる実例が満載。読んでいて常に頭に浮かぶのは、日本が、前時代的な大量消費、価格競争、等を特に深く省みることなく...続きを読む
  • スペンド・シフト―〈希望〉をもたらす消費
    今まさに、私が感じていることがそのまま書いてあるような本。
    アメリカではサブプライムローン問題を契機として、危機感から消費者意識に変化が起こった。その結果、本の帯に示されているコピーに言わせれば「何を持つか」から「どう生きるか」に意識が変化し、それが消費のスタイルにも影響を与えたという趣旨。
    私は「...続きを読む