「佐藤次郎」おすすめ作品一覧

「佐藤次郎」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2014/04/11更新

ユーザーレビュー

  • 義足ランナー 義肢装具士の奇跡の挑戦
    2013.2.4発行。「義足ランナー 義肢装具士の奇跡の挑戦」。ー走るということは喜びそのもの・・・- 全国に約6万人の義足使用者がいるそうです。義足で走ろうなどとは考えられない時代が長く続いて・・・。この本は、28歳で義肢製作の道に入った臼井不美男(うすいふみお)さんの「義肢で走る、走れば世界が広...続きを読む
  • 東京五輪1964
    1964年の東京五輪、15日間を、様々な人物にフォーカスしながら描いていく一冊。金メダリストもいれば、選手村で理容師として働いた女性、陸上競技のスターターなど、裏側の面からも描いているのが面白い。基本的に「存命の方に話を伺う」というスタンスがあるからかもしれないけれど、必ずしも、当時注目されていた競...続きを読む
  • 義足ランナー 義肢装具士の奇跡の挑戦
    No.532
    山中俊治氏の本「カーボンアスリート」をきっかけに、この本も読んでみた。
    山中氏は工業デザイナー。義足という限られた世界に革新的な視点を与えた取り組みに惹かれた。
    そして、この本を読むと、それ以前の臼井氏の長く力強い努力の歴史が伝わってきた。
  • 東京五輪1964
    選手達の心の動き、心情の描写が繊細で、飽きることなく読めました。男子バレーが銅メダルを取ったことはこの本で初めて知りました。それにしても、人気種目に報道が偏るのは、昔も今も変わらないなあ。
  • 義足ランナー 義肢装具士の奇跡の挑戦
    パラリンピックもテレビで放送される今だから受け入れられる義足ランナーの「走り」
    義足をつけて走ること自体が普通ではない時代に、試行錯誤で歩んだ臼井さんと義足ランナーとの歩み
    義足で走ることが概念としてない時代があったことを知れたことが私の仕事には非常に有用だった

特集