義足ランナー 義肢装具士の奇跡の挑戦

義足ランナー 義肢装具士の奇跡の挑戦

作者名 :
通常価格 1,408円 (1,280円+税)
紙の本 [参考] 1,760円 (税込)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

義足で走る活動を日本でただ一人切り開いてきた義肢装具士・臼井二美男と、義足のランナー達の奮闘を克明に描くヒューマンストーリー

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
社会・政治 / 福祉
出版社
東京書籍
電子版発売日
2014年04月11日
紙の本の発売
2013年01月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
21MB

義足ランナー 義肢装具士の奇跡の挑戦 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年01月28日

    「何もしていない自分が気軽に中止しろって言えないな」と率直に思ってしまった。
    コロナの影響で、オリンピック・パラリンピックの中止を求める声がどんどん大きくなっている。
    けれども、この舞台に人生をかけて、想いを込めて向かっていた人たちがいる。
    大きな挫折や事件があり、乗り越えようともがいた人たちの夢の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月18日

    義足というものがどのようなものかを垣間見れた。
    義足で歩けるようになるまでの最初の痛み。
    足を失ってしまった喪失感・精神的な落ち込みや混乱の中、
    切断部から血を流しながら、痛みの中、歩行訓練をする。
    膝折れによる転倒の恐怖とも戦わなくてはならない。
    「走る」だなんて、思いつきもしないだろう。

    彼ら...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年12月13日

    2013.2.4発行。「義足ランナー 義肢装具士の奇跡の挑戦」。ー走るということは喜びそのもの・・・- 全国に約6万人の義足使用者がいるそうです。義足で走ろうなどとは考えられない時代が長く続いて・・・。この本は、28歳で義肢製作の道に入った臼井不美男(うすいふみお)さんの「義肢で走る、走れば世界が広...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年03月19日

    No.532
    山中俊治氏の本「カーボンアスリート」をきっかけに、この本も読んでみた。
    山中氏は工業デザイナー。義足という限られた世界に革新的な視点を与えた取り組みに惹かれた。
    そして、この本を読むと、それ以前の臼井氏の長く力強い努力の歴史が伝わってきた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年07月07日

    パラリンピックもテレビで放送される今だから受け入れられる義足ランナーの「走り」
    義足をつけて走ること自体が普通ではない時代に、試行錯誤で歩んだ臼井さんと義足ランナーとの歩み
    義足で走ることが概念としてない時代があったことを知れたことが私の仕事には非常に有用だった

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める 社会・政治

社会・政治 ランキング