「門脇陽子」おすすめ作品一覧

「門脇陽子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2013/11/29更新

ユーザーレビュー

  • 本当の勇気は「弱さ」を認めること
    今年1番心に響いた本。
    TEDで有名なブレネー・ブラウン。兄に教えてもらい衝撃を受け、本を買って読んだ。
    ヴァルネラビリティとは、もろさや傷つく可能性のある状態。
    私がずっと鎧、と呼んでいたものは、このヴァルネラビリティを覆い隠すためのものだったのだと気付いた。生身をさらすことは、勇気がいる。
    悲し...続きを読む
  • 本当の勇気は「弱さ」を認めること
    すべてのものにはひびがあり、
    そこから光が差し込んでくる

    という言葉を見つけられただけでとても有意義だった
  • 本当の勇気は「弱さ」を認めること
    チェック項目11箇所。欠乏感に対抗できるのは、豊かさではない、むしろ豊かさと欠乏はコインの裏と表だ、「足ることを知らない」欠乏感の対極にあるのは、充足感であり、、「偽りのない心」なのだ、偽りのない心の中心には、ヴァルネラビリティと自己肯定感がある、確実なものがなく、もろさをさらし、感情的リスクを負い...続きを読む
  • 本当の勇気は「弱さ」を認めること
    TEDでみて、印象的だったブレネー・ブラウン。

    前著「ネガティブな感情の魔法」(”The Gifts of Imperfection")につづく本。「本当の勇気は弱さを認めること」("Daring Greatly")

    TEDで有名になって、それから生じた自分のなかの葛藤などを紹介しながら、より切...続きを読む
  • 本当の勇気は「弱さ」を認めること
    ヴァルネラビリティ(人間の側面としての弱さや脆さ)という、日本語としてなじみない概念を解説。どのような人物も不完全であり、その事実を許容する気概、その状態が人として当然であるという意識の大切さが学べる。事例が秀逸で、耳の痛くなるような話が多い。人間関係についても多くのアドバイスをよせている。

    P6...続きを読む