竹内好の一覧

「竹内好」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2016/03/31更新

ユーザーレビュー

  • 中国の思想(10) 孫子・呉子(改訂版)
    タイトルは『孫子・呉子』だが、孫子・呉子の全訳の他、残りの「武経七書(ぶきょうしちしょ)」である尉繚子(うつりょうし)・六韜(りくとう)・三略(さんりゃく)・司馬法(しばほう)・李衛公問対(りえいこうもんたい)の抄訳を収録している。また付録として、近年発掘された『孫?兵法』の抄訳がある。残念ながら、...続きを読む
  • 阿Q正伝・狂人日記 他十二篇-吶 喊
    この歳になるまで魯迅を読まずに来てしまったのですが、勿体ぶらずにさっさと読んでおくべきだった。こういう世界であったか、まさに近代文学。著名な表題作のほか、「故郷」のラスト1行が心を打ちました。
  • 阿Q正伝・狂人日記 他十二篇-吶 喊
    魯迅はJ.ジョイスのダブリナーズを読んでいたのだろうか?ダブリナーズが世に出たのは1915年。一方でこの本に収められた短編のうち最初となる「狂人日記」発表は1918年。

    ダブリナーズは短編15編から成り、幼年、思春期、成人、老年といったあらゆる階層のダブリン人を題材とし、人間の欲望や宗教観など、目...続きを読む
  • 阿Q正伝・狂人日記 他十二篇-吶 喊
    ・狂人日記…よくこれほど狂人心理を精緻に洞察し入り込めるなあ。「孔乙己」なんか憎めないし勿体ない哀れな人間。こんな人、いる。序章で書かれている寂寞感をまさに感じる作品。「明日」は号泣した。読み終わった時の息苦しさ、本当に現実に宝児が死んでしまった悲しみで打ちひしがれる母親の姿、そこにいる登場人物すべ...続きを読む
  • 阿Q正伝・狂人日記 他十二篇-吶 喊
    狂人日記:これがデビュー作だなんて、驚いてしまいます。私の乏しい読書経験では、こういうことを書き始めたらその作家さんはちょっとアブナイ…と、思っていたので。
    阿Q正伝:阿Qは、なぜか途中から脳内で寅さんに変換されました。寅さん、ごめんなさい。
    白光:狂人日記と、同じ系統で、もっと切羽詰まっています。...続きを読む