渡邉英徳の一覧

「渡邉英徳」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2013/11/15更新

ユーザーレビュー

  • データを紡いで社会につなぐ デジタルアーカイブのつくり方
    ヒロシマ・アーカイブは見た記憶があったが、このような素晴らしいデータの表現方法の構築過程を詳しく読めたのは良かった.ディジタルネイティブの世代が活躍する場ではないかと感じた.今後どんどん活用したい.
  • データを紡いで社会につなぐ デジタルアーカイブのつくり方
    2017年37冊目
    ちょっと前まで騒がれていたビッグデータ。
    今世の中にはデータがあふれかえっている。それは、テキスト情報だけでなく、画像などもそうだ。
    著者はそんな溢れかえるデータと社会をつなぐ環境を作ったり、教えたりしている。

    興味深かったのが、Google Earthをその基盤としていること...続きを読む
  • データを紡いで社会につなぐ デジタルアーカイブのつくり方
    データジャーナリズムとはまた違ったアーカイブ「作品」の話。Googleに落とし込むってところは変わらない。Googleがビッグデータを抑えてると同時にオープンデータとのマッシュアップにもGoogleのツールはちょうどいいという現実。データはあるが故に見せ方が重要で、人伝いのデータもジャーナリズム的に...続きを読む
  • データを紡いで社会につなぐ デジタルアーカイブのつくり方
    新しい技術の使い道を研究していくのは、常に勉強しないといけないだろうから大変そうだけど、夢とやりがいはありそうでいいなあ。グーグルがなぜ無料なのか、が知れてよかった。無料ほど怖いものはない、とはつくづくホントだと思う。
  • データを紡いで社会につなぐ デジタルアーカイブのつくり方
    Google Earthを使い膨大なデータを見せるという手法を通じて、ビッグデータの扱い方やプロジェクトの進め方について提唱している作品。
    本書冒頭にもあるが「文系のひとにも読めるような書籍を」という視点で書かれているため、専門知識も必要とせずとても読みやすい。
    また、この手の本にありがちな自身の作...続きを読む