「大畑伊知郎」おすすめ作品一覧

「大畑伊知郎」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2014/02/19更新

ユーザーレビュー

  • 日本経済を壊す 会計の呪縛
    本の帯では関連ありそうに書かれているが、アベノミクスとはあまり関係ないです。

    減損会計、税効果会計というキーワードが分かりやすく解説されています。

    最近の決算ではこのキーワードがよく出てくるので、知らない人は読んでおいた方が良いでしょう。特に自社が赤字になっている方。
  • 決算書でわかる! いい会社、やばい会社は「ここ」で見抜く!
    良かった点
    会社規模・パーセンテージ・変動具合で考えるという視点は
    なるほどな~と思った。しかし0.4%の数値が0.6%になっても誤差の範囲なのか異常事態なのか全然分かってないのでそこをもっと突っ込んでくれたら親切かと。そこまでできるのはプロだけ??

    総評
    タイトル通り「やばい会社」を避けられるよ...続きを読む
  • 決算書でわかる! いい会社、やばい会社は「ここ」で見抜く!
    参考になった点は
    収益性、効率性だけを比べても企業の良し悪しは分からない。その業界で、次の成長に向けて多額の資金が必要なのであれば、売上や利益の絶対額の大小も重要になる。
    ということ。

    企業間の比較では、マクドナルドとモスの分析が興味深かった。モスの有価証券報告書に目を通したい。
  • 日本経済を壊す 会計の呪縛
    「金融ビッグバン」において導入されたいくつかの会計基準の問題点、またそれが現在の日本経済に与える悪影響を指摘し、改善策を織り込んで論じた本です。本書の著者は公認会計士です。

    わたしは簿記資格の受験勉強をしており、分かりにくいテーマである「評価替え」や「減価償却」について、実例や経緯を通して理解が進...続きを読む
  • 日本経済を壊す 会計の呪縛
    インフレが進むと日本経済がダメになるとか、デフレのままでは日本に未来がないとか、多くの本で述べられています。現在の日本経済の状況の原因を多くの方が分析していますが、この本の著者の大畑氏は、それを、日本の会計基準が会社を苦しめているからと断じています。

    国の盛衰は究極的には「税をどのように徴収するか...続きを読む