日本経済を壊す 会計の呪縛

日本経済を壊す 会計の呪縛

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
紙の本 [参考] 748円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

デフレ不況の「真犯人」は、政府でも日本銀行でも少子高齢化でもない。金融ビッグバン後の「グローバル」な会計基準こそが元凶なのである。リストラの加速、大手電機メーカーの巨額赤字、相次ぐ百貨店の閉店……すべての背景には会計の「呪縛」があった。時価会計、減損会計、税効果会計等の性質と問題点を平易に解説しながら、日本的経営が破壊されるプロセスをロジカルに解き明かすスリリングな書。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 経済
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮新書
ページ数
186ページ
電子版発売日
2013年11月15日
紙の本の発売
2013年05月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

関連タグ:

日本経済を壊す 会計の呪縛 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2013年06月09日

    本の帯では関連ありそうに書かれているが、アベノミクスとはあまり関係ないです。

    減損会計、税効果会計というキーワードが分かりやすく解説されています。

    最近の決算ではこのキーワードがよく出てくるので、知らない人は読んでおいた方が良いでしょう。特に自社が赤字になっている方。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年02月14日

    「金融ビッグバン」において導入されたいくつかの会計基準の問題点、またそれが現在の日本経済に与える悪影響を指摘し、改善策を織り込んで論じた本です。本書の著者は公認会計士です。

    わたしは簿記資格の受験勉強をしており、分かりにくいテーマである「評価替え」や「減価償却」について、実例や経緯を通して理解が進...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年09月16日

    インフレが進むと日本経済がダメになるとか、デフレのままでは日本に未来がないとか、多くの本で述べられています。現在の日本経済の状況の原因を多くの方が分析していますが、この本の著者の大畑氏は、それを、日本の会計基準が会社を苦しめているからと断じています。

    国の盛衰は究極的には「税をどのように徴収するか...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年07月19日

    決算書の中に、「事業者の見積もり」に委ねられている項目が増えてしまっている、というのは共感するところ。過去の実績は誰でも異論はないが、見積もりについては恣意的要素を除くことは難しい。
    その意味で、とても管理会計的な決算に今はなっている、とも言える。

    著者は合わせて「どうすればよいのか」という改善案...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年06月23日

    減損会計の導入経緯や、税効果会計の説明は大変わかりやすいものだったが、会計基準を時価評価を求めない以前のものにもどすべきとか、持ち合い株式による安定株主を増やし、安定性を求める経営を、という視点には疑問を感じた。
    減損会計については、短期的な収益性を考え、設備投資の収益性が悪いので、評価損を計上する...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています