紗倉まなの一覧

「紗倉まな」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

配信予定・最新刊

作品一覧

2021/04/30更新

ユーザーレビュー

  • 春、死なん
    紗倉さんが書いた小説という点で、まず興味を持った。治部さんが書評を書いていらしたので、必ず読むと決めた。結果、読んでよかったと大変満足している。

    高齢者の性や死生観が、大変興味深かった。
    丁寧に描かれていて、作者はこういう眼差しを持った人なんだなと、作者の慧眼に惹かれた。とてもよかった。
  • 働くおっぱい
    すごく真面目な人なんだろうなあと思う
    真面目で、ひとつひとつを消化して
    次に行くひとなんじゃないかなと。
    だから文章というツールはとても相性が良さそうだなと。

    おもしろかった。
    一話一話のなかにあるストーリー性と展開。

    個人的には学生時代からの友人と、
    大人になってお酒を飲み交わしたときの話がエ...続きを読む
  • 働くおっぱい
    まず秀逸なタイトルに惹かれます。著者のお仕事や内面ポップに表現されていますが、闇の部分も…読んでみたい。珍おっぱい図鑑と珍乳首図鑑と分けてあるのも、こだわりを感じました…!
  • 最低。
    芸能人(作家が本業でない人)が書いた小説を読むのは初めてだったけど、叙情的でのめり込んでしまった。どんどん読み進めて最後のほうは終わるのが惜しくてペースダウンしてちょっとずつ読んでた。
    北海道や石川県の景色も想像しやすかった。
    もっとたくさんの作品を読みたい。
  • 働くおっぱい
    真面目な本ではないですが,
    いやらしい本でも無いです。

    おカタい仕事をしている自分にとって,
    知らない世界に生きている人のエッセイを読むのは面白いですね。
    (おカタくする仕事には違いないですが)

    ライトな本ですが,
    自分の視野を広げられた一冊でもあります。