榊原清則の一覧

「榊原清則」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2019/02/01更新

ユーザーレビュー

  • 日本の企業家13 小倉昌男 成長と進化を続けた論理的ストラテジスト
    戦略的思考の上級編。
    すごい人の、すごい理由を思考の観点から分析。

    小倉氏の経営論を再度読み直しながら、課題発見の技術をパターン分類してくれる。

    課題発見方法のパターン分類をここまで分かりやすく、かつ、その限界まで解説してくれる本に初めて会ったように感じる。(第2章部分)
  • 日本の企業家12 江崎利一 菓子産業に新しい地平を拓いた天性のマーケター
    グリコもなかなかに面白い。
    明治らしい話でもあった。
    しかし、戦前にも日本が世界進出していたとは思わなかった。
    成功を主に取り上げてあるため、困難な時期の人間的な掘り下げも欲しかった。
    中盤の経済学に寄せた考察は不要。
  • 企業ドメインの戦略論 構想の大きな会社とは
    完全に理解したとも思わないが、企業ドメインとは『ウチは何の会社なの?』との自問に対する回答のようだ。これは現状の事業領域と一致している場合もあるし、将来の発展を示唆するケースもある。当然後者の方がスケールの大きな会社に成長する蓋然性が高いと言える。
    1992年初版の古い記述なのに、現代でも依然有効な...続きを読む
  • 企業ドメインの戦略論 構想の大きな会社とは
    [ 内容 ]
    これまで一貫して高成長を持続してきた日本企業をとりまく経営環境は、いま大きく変わりつつある。
    まず、どのような領域を自社の存在領域として構想するか、という戦略決定が改めて問われており、成長の方向性について主体的展望をもち、意識的に全社的な事業構成の定義と組み替えとを行なうことが不可欠と...続きを読む
  • 日本の企業家2 松下幸之助 理念を語り続けた戦略的経営者
    Phpから出ている、いわば、正伝。
    そのためか、綺麗な面ばかり強調しすぎなきらいはある。
    もう少し、人間身や苦悩にまで入り込んでも良いのではないか。

    また、戦略の話は、自分の研究に寄せすぎ感はいなめない。しかし、なぜ事業部制なのか、は参考になった。

    多角化すると、一人で見きれない。
    そのため、事...続きを読む