「東海林智」おすすめ作品一覧

「東海林智」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2013/12/27更新

ユーザーレビュー

  • 貧困の現場
    格差社会が叫ばれる中で、この本はいつわが身に降りかかってもおかしくないと思いました。筆者さんが貧困社会への怒りを持ってこの本を書いていることが伝わってきます。その分ひとりよがりに聞こえなくもない部分もありますが、ここに書かれている事例は一つの真実なのだと思います。
  • 貧困の現場
    今までの非正規雇用に対する見方を180度変えてくれる本でした。
    労働は人の幸せや生きる権利を奪う場所ではないはずなのに、それを強いられている人がなんて多いこと。人が人にする態度か?と思う描写もたくさんあった。貧困は貧困を呼ぶのか?傍目には豊かな国はちっとも豊かじゃなかった。世の中のうまい口車に騙され...続きを読む
  • 15歳からの労働組合入門
    労働組合入門というよりは、社会に潰される人々の闘いの記録のようだった。「本当にこんなことを言う人がいるのか」「現実にこんなことが起こるのか」と目を疑うような例ばかりで、現在の自分はまだまだ恵まれていると初めて知ることができた。

    政治のこと、制度のこと、知らなかったでは済まされないこともある。無知も...続きを読む
  • 貧困の現場
    貧困や非正規雇用を追う毎日新聞の記者によるドキュメント。役所における生活保護の水際作戦、ホームレスの実態、労働争議の話など、内容はきついけど、決して読みにくくはない。主権が国民にないという点で、TPPや秘密保護法案と発想は同じなんだよね。
  • 15歳からの労働組合入門
    15歳にはちょっと難しい内容だとは思う。ただ高卒で働き始める人もいるので15歳から知っていた方がいい内容。15歳からとするならばもう少し平易な内容のほうがいいと思った。タイトル以外の内容についても、このような現実があるということがなかなか見えてこないし、登場してきた自己責任先生のように、落ちるのはそ...続きを読む