「町田洋」おすすめ作品一覧

【町田洋】の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2014/03/10更新

ユーザーレビュー

  • 夜とコンクリート
    町田洋の初期作品を集めた短編集。眠っている町を題材にした「夜とコンクリート」を読んだりパスで書いたようなカクカクの線を見て思ったのだけど、もしかして建築出身?

    最低限の線と表現で彩られているのに情景がありありと浮かぶ魅力的な絵と、sf的・幻想的であるがどこか懐かしく切ない世界観がとても心にしみた。...続きを読む
  • 夜とコンクリート
    SF短編集を読んだような読後感。どの作品も作品の中で音楽が流れていると言うよりは、その作品に相応しい「音」「効果音」が流れている感じがする。
    第1話『夜とコンクリート』→眠れない建築士の友人が他人と酔い潰れている場面に遭遇、仕方なく家に連れて来なくてはならない事になる。この建築士は自分が眠れない事に...続きを読む
  • 夜とコンクリート
    夜のちょっと静かなときに、ふと読みたくなる。
     4つの作品からなる今作は、文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作の「夏休みの町」も収録されている。
    どの作品も端正に"日常"が描かれているがどこかが違う。
    その違和感を町田洋という人は不思議な要素を組み合わせて描いている。心理描写が少なく、登場人物...続きを読む
  • 惑星9の休日
    宇宙の辺境にある惑星9が舞台の話なんですけど、ゴリゴリのSFじゃなくて静かでセンチメンタルな感覚が心地いいSF短編集です。
  • 夜とコンクリート
    表題作、ムーンライダーズの「夢が見れる機械が欲しい」を思い出すような手触り。夜の空気の硬さと温度が伝わってくる。他の二編では星新一を読んだときの感覚が蘇ってきた。