夜とコンクリート

夜とコンクリート

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

第17回文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作「夏休みの町」を収録した、新しくて懐かしい魅惑の作家、町田洋の初期作品集! 眠れない建築士と建物の声を聴く男。丘の上の戦闘機とありふれた夏休み。君に会えない僕と屋上で見上げた空。夜とコンクリート。平坦な日常にある、もう一つの地平に見たことのない景色がある。町田洋の静かな世界がここに!

カテゴリ
少年・青年マンガ
ジャンル
青年マンガ
出版社
祥伝社
ページ数
210ページ
電子版発売日
2014年03月10日
サイズ(目安)
27MB

新刊オート購入

夜とコンクリート のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2019年11月27日

    何年か前に試し読みを読んでいた。
    本屋でたまたま、平置きされていて、残り一冊で、気付けばそのままレジに持っていっていた。出会うというのはこういう感じだなと久々に思い出した。
    いい話、とか悪い話、みたいな、ひとくくりにできない物語が四つ、夜に浮かんでいた。いつか経験したことがあるようなないような。不思...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月23日

    無駄な余白をコマにする。
    空白の作り方。

    交差する二つのこと。
    実はアレとアレが同じだったのか、感。

    リアリティというよりもシズル感。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年04月11日

    町田洋
    まず今まで知らなかった事を恥じた

    これはちょっと、凄い。

    ネームの切り方、構成、セリフ運び、空間の切り取り方、演出、ストーリー、オリジナリティ、センス、あらゆる面で抜きん出てる

    作品というか作家としての完成度が非常に高い
    どんなルートを辿ったらこんなもの産めるんだ、シンプルに知りたい
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年04月25日

    町田洋の初期作品を集めた短編集。眠っている町を題材にした「夜とコンクリート」を読んだりパスで書いたようなカクカクの線を見て思ったのだけど、もしかして建築出身?

    最低限の線と表現で彩られているのに情景がありありと浮かぶ魅力的な絵と、sf的・幻想的であるがどこか懐かしく切ない世界観がとても心にしみた。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年10月24日

    SF短編集を読んだような読後感。どの作品も作品の中で音楽が流れていると言うよりは、その作品に相応しい「音」「効果音」が流れている感じがする。
    第1話『夜とコンクリート』→眠れない建築士の友人が他人と酔い潰れている場面に遭遇、仕方なく家に連れて来なくてはならない事になる。この建築士は自分が眠れない事に...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年09月14日

    夜のちょっと静かなときに、ふと読みたくなる。
     4つの作品からなる今作は、文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作の「夏休みの町」も収録されている。
    どの作品も端正に"日常"が描かれているがどこかが違う。
    その違和感を町田洋という人は不思議な要素を組み合わせて描いている。心理描...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年07月04日

    表題作、ムーンライダーズの「夢が見れる機械が欲しい」を思い出すような手触り。夜の空気の硬さと温度が伝わってくる。他の二編では星新一を読んだときの感覚が蘇ってきた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年03月01日

    【大切】というよりは、もっと自分自身に近くて、見過ごしがちになっていた根本的なものをふっと知るような漫画でした。味わい深いです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年02月13日

    パラパラめくって、昔弟のやっていたファミコンでみたような絵が目に飛び込んできたとき、正直、これはあわないかもな、って思った

    最初の数ページをみてさらに、その不安は強まった。頼まれて買った本で、そのまま渡すつもりだった。読む気なんてさらさらなかった。初期作品集って安定していないからキライ。コロコロ変...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年02月06日

    とっても静かな漫画だった。読みながらぼろぼろ泣いて、不思議と少しすっきりした。余計なものは何も含んでいないような絵柄がとても素敵だった。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています