三日月かけるの一覧

「三日月かける」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:三日月かける(ミカヅキカケル)
  • 出身地:日本 / 東京都
  • 職業:イラストレーター

2006年『断章のグリム』(甲田学人)の装画及び挿絵でデビュー。『夜魔 -奇-』、『夜魔 -怪-』(共に甲田学人)『伊佐と雪』(友谷蒼)、『地獄の花嫁がやってきた』(瀬川貴次)などの作品で挿絵を手がける。

作品一覧

2019/01/10更新

ユーザーレビュー

  • 断章のグリムI 灰かぶり
    《読み終わってから時間が空いていますが感想書きます》


    まず、個人的にはどんぴしゃりな作品でした。
    というのは━━

    1⃣ただただ凄惨な悲劇とそれに抗おうとする悲壮感(ようは鬱)

    2️⃣ヒロインがゴスである

    3⃣主要キャラクターには《断章》というトラウマがある

    4⃣題名通り「グリム」。つまり...続きを読む
  • 断章のグリムI 灰かぶり

    とりあえず痛い

    文章を読んでいて、思わず顔をしかめてしまう。
    文章を読んでいるだけなのに痛覚を刺激される。
    凄惨な場面がありありと想像できる。
    一度読んだら止められません。
    凄惨で残酷な世界にどっぶりと浸れるでしょう。
  • 断章のグリムI 灰かぶり
    全17冊完結。
    痛さ、気持ち悪さで並ぶものなしのライトノベル。
    時槻雪乃が好き。こんな、張り詰めていて、孤立して、苛烈な美少女の支えになりたい。
  • 断章のグリムXVII 白雪姫・下
    物語的にはバットエンドというよりトゥルーエンド寄り・・・なのかな?

    物語の集大成ともいえる出来でした。飽泡そのものが控えめですが、それが余計人間である神狩屋さんの狂気を引き立たせる。色んな人たちが死んでいく。まさか神狩屋さんが一般人にまで手を出すなんて・・・。『人魚姫』の巻を再び詠みたくなる。大人...続きを読む
  • ノロワレ参 虫おくり
    相変わらずホラー部分の描写の気持ち悪さが秀逸。断章のグリムは痛い描写でしたがこちらはまた違った気持ち悪さです。蜂の大群の描写を読むときは思わず口が開かないように手で押さえてしまいました。
    1巻からだんだんと後味の悪さが増している気がする。