「三日月かける」おすすめ作品一覧

「三日月かける」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:三日月かける(ミカヅキカケル)
  • 出身地:日本 / 東京都
  • 職業:イラストレーター

2006年『断章のグリム』(甲田学人)の装画及び挿絵でデビュー。『夜魔 -奇-』、『夜魔 -怪-』(共に甲田学人)『伊佐と雪』(友谷蒼)、『地獄の花嫁がやってきた』(瀬川貴次)などの作品で挿絵を手がける。

作品一覧

2017/06/16更新

ユーザーレビュー

  • 断章のグリムI 灰かぶり
    全17冊完結。
    痛さ、気持ち悪さで並ぶものなしのライトノベル。
    時槻雪乃が好き。こんな、張り詰めていて、孤立して、苛烈な美少女の支えになりたい。
  • 断章のグリムXVII 白雪姫・下
    物語的にはバットエンドというよりトゥルーエンド寄り・・・なのかな?

    物語の集大成ともいえる出来でした。飽泡そのものが控えめですが、それが余計人間である神狩屋さんの狂気を引き立たせる。色んな人たちが死んでいく。まさか神狩屋さんが一般人にまで手を出すなんて・・・。『人魚姫』の巻を再び詠みたくなる。大人...続きを読む
  • ノロワレ参 虫おくり
    相変わらずホラー部分の描写の気持ち悪さが秀逸。断章のグリムは痛い描写でしたがこちらはまた違った気持ち悪さです。蜂の大群の描写を読むときは思わず口が開かないように手で押さえてしまいました。
    1巻からだんだんと後味の悪さが増している気がする。
  • 断章のグリムIII 人魚姫・上
    【走り書き】読んでいる中で本当に生臭い磯や血の臭いを感じた気がするような、目が離せない、というよりも目が逸らせない、というような癖になる不気味さがある。
    謎の存在であった神狩屋の過去が明らかになりつつあるが、まだ二転三転しそうな予感がする。期待。
    また、雪乃の蒼衣に対する言動にも少し変化があった?
    ...続きを読む
  • ノロワレ参 虫おくり
    甲田先生がTwitterで、此の儘の売り上げだと5巻くらいで終了になりそう…
    というお話を聞いて、勝手に焦っていたり。
    3巻までの売り上げで決まるって、藤原先生も云ってたなぁ…。
    断章のグリムに比べると、地味な雰囲気ですけど、
    相変わらずオカルトの知識か豊かですし、其れなりに続いて欲しいです。

    ...続きを読む