「上主沙夜」おすすめ作品一覧

「上主沙夜」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:上主沙夜(カミスサヤ)
  • 性別:女性
  • 職業:作家

『永遠の刻』でデビュー。『誰にもいえない花嫁修業~甘い蜜の館~』(イラスト:ことね 壱花)、『惑溺~王子様と恋の駆け引き~』(イラスト:SHABON)などの作品を手がける。「鷹守諫也」名義でも活動。

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2017/06/22更新

ユーザーレビュー

  • 誰にもいえない花嫁修業~甘い蜜の館~
    【エロ注意】王子の花嫁候補になったヴィー。
    しかし、王子は変わり者の変人だった。
    愛人を四人はべらせ、秘書官のジークにヴィーの胸を大きくして体を仕込めなんて無茶振りをしてくる。
    ジークに昔あった男の子を重ねるヴィー。どんどん仕込まれていくのだけど、これは王子と結婚するためだからジークは最後まではして...続きを読む
  • 嵐を呼ぶ花嫁

    一気に読んだ

    よくあるエッチありきのTL小説と違い、謎解き要素もあり、グイグイ惹きつけられました。味方側の脇役たちも心根のいい人ばかりで読んでいてスッキリしました。そのぶんH描写の割合は少なかったけれど、同じような濡場を延々繰り返す話よりもストーリーに力が入ってる作品です。イラストもステキでした。
  • 暁の恋歌~花嫁は聖夜に奏でられる~

    美しい、かな。

    いいお話でした。エロ部分もがっついた感じがなく、ストーリーも綺麗で読みやすかった。
    最後が出来すぎだけど、王道で安心感がある。それにヒロインに好感が持てたし彼は格好よすぎて、キュンキュンした!ときめきたい人にオススメ(笑)
  • 暁の恋歌~花嫁は聖夜に奏でられる~
    ロマンチックなクリスマスの話だった。作中での時間が3日ぐらいしか経ってないとかそのあたりが気になったけど、出会ってすぐお互い惹かれあってるのがわかるのでまあいいか。文章が綺麗で読みやすかったです。ヴァニラのヒロインは危険を顧みず頑張る子が多い気がする
  • 暁の恋歌~花嫁は聖夜に奏でられる~
    貧乏旅籠に偶然泊まった吟遊詩人のアランと旅籠の一人娘グレース。彼の正体は最初に予想はついちゃいますけど、椎名咲月さんのイラストにも合ってるアランがかっこよいです。

    吟遊詩人のアランが王子様って分かったあと、恐縮して身を引こうとしたグレースに、周りが好意的に迎え入れるあたりはご都合主義な感じがしない...続きを読む

特集