黒岩勉の一覧

「黒岩勉」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:黒岩勉(クロイワツトム)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1973年
  • 出身地:日本 / 埼玉県
  • 職業:作家、脚本家

青山学院大学経営学部卒。2009年『世にも奇妙な物語』で脚本家デビュー。小説作品に『それは、自殺5分前からのパワープレー』など。脚本作品に『LIAR GAME The final stage』、『絶対零度~特殊犯罪潜入捜査~』、『謎解きはディナーのあとで』、『ストロベリーナイト』などがある。

作品一覧

2020/10/02更新

ユーザーレビュー

  • 謎解きはディナーのあとで
    いろんな話があるなか、麗子たち警察の間違った推理を麗子の執事である影山が崩していくのが、ハラハラドキドキで面白かった。また影山の毒舌っぷりや風祭警部のキャラがさらに読書を進ませてくれる。笑
    そこまで怖くないけど、謎がしっかりしている。←こういうのが好きな人におすすめ( •̀ω•́ )✧
  • 謎解きはディナーのあとで 風祭警部の事件簿
    やっぱり風祭警部は大好き!!!!!!
    すごくおもしろかった^ ^
    映画とリンクしているところも
    すごく良かった!
  • 謎解きはディナーのあとで
    ずっと読めていなくて、やっと読んだのですが。面白かった。
    主人公二人(お嬢様警官と執事)の会話がテンポが好き(笑)
    殺人事件がおきているのにこんなに明るくて面白くていいのか、って。
    お嬢様と同じく執事に勝ちたくて、考えたけど、負けた。全然分からん(笑)
    とにかくツンデレお嬢とドS執事のペアは面白い。
  • 謎解きはディナーのあとで
    警察官で社長令嬢の宝条麗子は執事、影山に事件の説明をし、
    解決できないというと、暴言すれすれの発言を!
    ドラマ化もした、大人気コメディー!
  • 謎解きはディナーのあとで
    初めて買った小説ということで、印象に残っている本です。
    当時やっていたドラマを見て購入したのですが、個人的にはドラマよりも原作の方が好きです。
    読んだ当時は小学3年生くらいだったというのもあり、謎を理解するのに苦戦しましたが、執事・影山がお嬢様にサラッと暴言を吐いたり、風祭警部がトンチンカンな推理を...続きを読む