「村井直志」おすすめ作品一覧

「村井直志」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2015/07/27更新

ユーザーレビュー

  • 会計ドレッシング 10episodes
    実際に起きた粉飾決算等の不正会計のエピソードから会計のカラクリを学ぶ。
    ユニークなアプローチ方法から内部統制や監査について考察している。
    事例から学ぶことができるため入門書としても最適。
    また、大王製紙、オリンパスの件も踏まえて読むとより一層興味深く読めるのでは。
  • 決算書の50%は思い込みでできている
    会計上の見積りを、わかりやすく、かつ実際の企業の例と共に紹介していて、とても面白かった。
    紹介されているのは以下の論点で、どれも難しい論点だがわかりやすく解説されている。
    •引当金
    •減損
    •退職給付
    •税効果
    •工事進行基準
    •非上場株式の時価
    •継続企業の前提
    •棚卸資産評価
  • 会計ドレッシング 10episodes
    近年の会計不正の事例をとりあげていて、あーこんなんだったんだ、と思う事例も多々あり、とても勉強になった。不正事例を中心としながらも、不正のメカニズム、発生した際の取り調べのポイント等、あまり他の本では書かれていない視点から書かれていて面白い。またいつか再読しようと思う。
  • 会計ドレッシング 10episodes
    仕事でお世話になったあの会社にも、まあそんな歴史があったのね…なんて興味で買ってしまいました。よくわからない用語も多かったけど、おもしろかった! 数字を追うだけで、いろんなことが見えてくるのね。 経理の子なら、もっと楽しめると思ったので、読後まわしてあげました。
  • 強い会社の「儲けの公式」
    儲けを増やすことを知りたくて読書。

    小規模企業や個人事業主向け。

    利益を上げる原理原則は、
    売上を最大に、経費を最小に

    固定費を減らして、売上を最大化させる。
    過剰在庫を持たない。
    常に利益で考える。

    売上を最大化させるために売れる商品を見つけてリソースを注ぎ、売れ続ける仕組みを作る。

    ...続きを読む