「柘植文」おすすめ作品一覧

【柘植文】の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:柘植文(ツゲアヤ)
  • 性別:女性
  • 生年月日:1973年
  • 出身地:日本 / 群馬県
  • 職業:マンガ家

文藝春秋『月刊コミックビンゴ』でデビュー。『野田ともうします。』などの作品を手がける。

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2017/07/07更新

ユーザーレビュー

  • 中年女子画報~44年目の春~
    著者は野田さんみたいな人なのかと思ってましたが、自画像は野田さんとは似てないですね。モナカが食べたくなりました。たしかに美味しくてはまります。
  • 野田ともうします。 7巻
    終わってしまった。野田さん。
    重松さんとのこととか、兄のこととか、バイトのこととか、多少最終巻っぽい動きはあったものの、やっぱり野田さんは野田さんでした。山本君も部長も副部長も重松さんも亀田さんも富沢さんも相変わらずそんな感じ。
  • 中年女子画報
    正しい中高年になるために、何が必要か。
    実に興味深いテーマを味のある漫画でガイドしてくれる一冊。

    来たるべき中高年デビューに備えるため、まずは千林商店街に行ってみます。
  • 野田ともうします。 5巻
    相変わらず野田さんブレないな。
    部長が留年したあたりからけっこう無茶な気はしてたけど、このままずっと続くのでしょうか。女子大生のままの野田さんじゃないと違う気もするよね。
  • 野田ともうします。 1巻
    埼玉のFランク大学に通うインテリ女子大生・野田さんと周囲の人たちの日常を描いたお話。

    NHKのドラマで先に見て、原作はあとで読んだんですが、全くイメージ通りw 違和感ゼロ!
    という訳で、読んでみたいけど…って方は、先にドラマを見てみてもいいかも。

    ちなみにわたしは重松さんが好きです。