「服部正也」おすすめ作品一覧

「服部正也」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2014/01/24更新

ユーザーレビュー

  • ルワンダ中央銀行総裁日記 [増補版]
    1965年から6年間、アフリカのルワンダで中央銀行総裁を務めた日本人、服部正也氏の自伝。

    服部氏は日銀の行員として、アジアの途上国援助に携わった経歴があり、その際の実績が高く評価され、国際通貨基金からルワンダ行きの要請を受ける。当時のルワンダは、ベルギーから独立したばかりで目立った産業もなく、経済...続きを読む
  • ルワンダ中央銀行総裁日記 [増補版]
    マジメな総裁日記なんだけどもRPG感があって人気、というTwitterのお勧めで読んでみました。ロマンあふれつつ、戦前戦後の日銀マン(著者は戦後の人ですよ)の実力と矜持をぐっと感じることが出来る良書。現在ミャンマービジネスに熱心な先輩社員が良くお話しされているようなことがこの時代のルワンダにも共通す...続きを読む
  • ルワンダ中央銀行総裁日記 [増補版]
    #fb やっぱり何にしても、ファイナンスの裏付けなんですよ。でも、人はそこがあやふやなままに、贅沢を求めるものなのです。そして、殺し合いに疲れ切っていないうちは、なんだか血なまぐさくなる....というね。
  • ルワンダ中央銀行総裁日記 [増補版]
    『私は戦に勝つのは兵の強さであり、戦に負けるのは将の弱さであると固く信じている。私はこの考えをルワンダにあてはめた。どんなに役人が非効率でも、どんなに外人顧問が無能でも、国民に働きさえあれば必ず発展できると信じ、その前提でルワンダ人農民おルワンダ人商人の自発的努力を動員するとを中心に経済再建計画をた...続きを読む
  • ルワンダ中央銀行総裁日記 [増補版]
    俺のルワンダがこんなに経済発展著しいわけがない。


    某書評で「ラノベみたい」と評され人気が出た本書ですが、その実は超骨太の経済エッセイ。
    独立直後のルワンダで、出来立てホヤホヤのルワンダ中央銀行の2代目総裁として派遣された著者の視線により、ルワンダが一独立国家として経済的に自立すべく、国家経済・財...続きを読む