「渡邊十絲子」おすすめ作品一覧

「渡邊十絲子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2013/06/28更新

ユーザーレビュー

  • 今を生きるための現代詩
    "詩は、雨上がりの路面にできた水たまりや、ベランダから見える鉄塔や、すがたは見えないけれどもとおくから重い音だけひびかせてくる飛行機や、あした切ろうと思って台所に置いてあるフランパンや、そういうものと似ている。"

    "「わからない」と「わかった」とのあいだを往復しながら、われわれの内部で詩は育ってい...続きを読む
  • 今を生きるための現代詩
    あとだしじゃんけんみたいで恥ずかしいけれど、序盤から、そうそう、私もそういうことを言いたかった!(ような気がする)と思ってばかりいた。自分ではことばにできなかったことがらを、美しい物言いで表明してもらう喜び。おもしろかったなあ。
    わからないままに置いておいちゃいけないのかなあ、というもやもやがいつも...続きを読む
  • 今を生きるための現代詩
    例えば、

    水を
    ください。

    と、


    をください。

    の違いが、
    読んだ、
    あとに、
    わ、
    かります。
  • 今を生きるための現代詩
    国語の授業の教材には絶対なり得ないような現代詩、たとえばここで採りあげられている安藤次男、川田絢音。

    抽象画と同じようなもんだと言われると納得できた。言葉を言葉として解釈しない。いかなる哲学的思考でも捉えきれないのが現代詩。
    世の中何でもかんでも批評したり分析したりできるものばかりではない。謙虚な...続きを読む
  • 今を生きるための現代詩
    名著である。
    現代詩の置かれている状況が、いかにもよく理解できる。
    それもすばらしいことであるが、何よりこの本は、日本語が持つ言語的特性を正確にとらえつつ、「人が生きるということ」はどういうことなのかということを、現代詩を手掛かりにして考えていこうとしている。
    その姿勢がいかにも真摯だ。
    紹介されて...続きを読む