「瀧口範子」おすすめ作品一覧

「瀧口範子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2016/07/01更新

ユーザーレビュー

  • 人工知能は敵か味方か パートナー、主人、奴隷――人間と機械の関係を決める転換点
    AI[人工知能;Artificial Intelligence]か、
    IA[知能増幅];Intelligence Amplifier

    サイバネティックス(英語: cybernetics)は、通信工学と制御工学を融合し、生理学、機械工学、システム工学を統一的に扱うことを意図して作られた学問。語源は、...続きを読む
  • 人工知能は敵か味方か パートナー、主人、奴隷――人間と機械の関係を決める転換点
    AIとIAの関係の歴史も分かった。
    第2次AIブームからリアルタイムにAIとIAの両方を見て,使っているので,面白かった。

    訳書のタイトル酷すぎ。誤訳に近い。
  • なぜシリコンバレーではゴミを分別しないのか? 世界一IQが高い町の「壁なし」思考習慣
    タイトルに騙されてはいけない〜毎日がイノベーション(10年前の夢想が今日の現実,シリコンバレーはグリーンバレーに変貌中,最先端ベンチャーほど低いアメリカ人比率)合理と正義と情熱の人びと(行動派のターゲットは腐敗,資源ゴミはまとめて大きなゴミ袋に,成功者は田舎でビジネス)描かれざる格差(金持ちのための...続きを読む
  • なぜシリコンバレーではゴミを分別しないのか? 世界一IQが高い町の「壁なし」思考習慣
    私も購読しているブログ「シリコンバレー通信」で有名な瀧口範子さんの書。
    シリコンバレー在住を生かしたIT業界、業界著名人のご当地情報といった趣。具体的に何かを得るという内容では無いが、なぜシリコンバレーが世界中の頭脳を集めるのか、Google、Appleなどの企業、そして創業者たちがアメリカ西海岸の...続きを読む
  • なぜシリコンバレーではゴミを分別しないのか? 世界一IQが高い町の「壁なし」思考習慣
     シリコンバレー在住のジャーナリストのエッセイ(日経パソコン・オンライン連載の週刊コラム)。本になる時点で速報性はないけれど、シリコンバレーの重要な出来事や「グーグルの女帝、マリッサメイヤーの正体」「ジョブズのプレゼンは、やっぱりうまい」「大企業病ヤフー」など主要企業の見聞きしたものを分かりやすく紹...続きを読む