【感想・ネタバレ】なぜシリコンバレーではゴミを分別しないのか? 世界一IQが高い町の「壁なし」思考習慣のレビュー

価格 1,047円 (税込)
3.5
8件

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2012年02月21日

タイトルに騙されてはいけない〜毎日がイノベーション(10年前の夢想が今日の現実,シリコンバレーはグリーンバレーに変貌中,最先端ベンチャーほど低いアメリカ人比率)合理と正義と情熱の人びと(行動派のターゲットは腐敗,資源ゴミはまとめて大きなゴミ袋に,成功者は田舎でビジネス)描かれざる格差(金持ちのための...続きを読むSNS,政治献金も並でない,住宅価格が乱高下,スタンフォード大学ではスウェットショップ利用に抗議)新しい市民社会をデザインする(非貨幣経済,タダの経済,100ドルパソコン)メディア・ジャーナリズムの未来(活字のアーカイブは閉じこめられるか開放されるか)日本人が知らないグーグルの素顔(アップル対グーグル,対マイクロソフト,誘い込まれる学生)正念場のアップル・マイクロソフト・ヤフー(MSによる買収は不調に)〜2006年11月以降,日経パソコン・オンラインで書いてきた週間コラム「シリコンバレー通信」に加筆したモノで,著者は上智でドイツ語を学びコンピュータには疎かったが,フルブライトでコンピュータ・サイエンスの客員研究員となり,認知学を学んで馴染んでいき,最新情報を発信している。さてタイトルの「なぜ」の答えは「もともと回収率の高かった中心地域の回収率を上げ,まとめて出し機械で選別する方法で,周辺地域への回収率も上げるため」であり,ゴミの分別をしないわけではない。資源ゴミは瓶も缶も牛乳パックも大きな袋に入れるわけ。生ゴミって考えてみると少ないし,後はプラスチックだからなあ。千葉市の全部まとめて回収という方法は全国から視察が来るほど注目を集めたのに,過剰反応の市民運動に押し切られて分別を始めちゃった。あれは残念だったなあ。この本の内容がすぐ古くなっちゃうのは致し方ないのだが,これまた残念・・・というわけで,この項目900冊目に相応しい本でした。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年01月15日

私も購読しているブログ「シリコンバレー通信」で有名な瀧口範子さんの書。
シリコンバレー在住を生かしたIT業界、業界著名人のご当地情報といった趣。具体的に何かを得るという内容では無いが、なぜシリコンバレーが世界中の頭脳を集めるのか、Google、Appleなどの企業、そして創業者たちがアメリカ西海岸の...続きを読む人々にとってどのような存在なのか、興味深い情報がコラムとして沢山ちりばめられています。
 仕事で西海岸のベンチャー、IT大手企業と協業をしているので、彼らと付き合う上での知識としてとても参考になりました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年09月12日

 シリコンバレー在住のジャーナリストのエッセイ(日経パソコン・オンライン連載の週刊コラム)。本になる時点で速報性はないけれど、シリコンバレーの重要な出来事や「グーグルの女帝、マリッサメイヤーの正体」「ジョブズのプレゼンは、やっぱりうまい」「大企業病ヤフー」など主要企業の見聞きしたものを分かりやすく紹...続きを読む介してくれている。
 また、シリコンバレーでは「試行錯誤を繰り返していけば、きっと世の中はいい方向へ進むはずでしょう」という楽観性が生活の場まで浸透し、資源ゴミを分別せず回収し、回収後に機械で選別しているそうだ。その方が回収率が上がるとのこと。規模もさることながら、社会実験の域だが、日本でも参考になるかもしれない。
 あまりに楽観的過ぎる人間の合理性への信頼がベースになっている土壌は、驚くとともに、風通しのよさを感じる。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2011年05月16日

シリコンバレーのあり方が描かれている。
またそこで生まれるテクノロジーが社会のあり方を大きく変えていってる、変えるだろう話短いがたくさん乗っている。
世界を変えようとしている人たちの話を読んでワクワクしたし、自分もそうなりたい、努力しなくてはと思った。

一方で、2008にでた本なのでiphoneや...続きを読むandroidの話などに関しては古かった。まあそれだけ技術の進歩、社会のありかたなどがものすごいスピードで変化しているのだと思う。


以下、タイトルの答え 






ちなみにシリコンバレーがごみを分別しないのは、市民の意識が低いのではなく、機械がごみをわけたほうが、便利だし、資源ごみの回収率もあがるため、そのような機械がつくったかららしいです。日本の美徳、意識にたよってやるとういうものとは違った合理主義的な考え方です。どちらがいいかはしりませんが。自分は楽なほうがいいです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月07日

いわゆるブログ本。
記事自体は面白く、シリコンバレーのタイムリーなトピックをわかりやすく解説してくれている。
が、しかし、ブログをまとめる以上の付加価値がなく、正直残念な感じ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

シリコン・ヴァレー特有の暮らし方について述べた本かと期待したが、米コンピュータ業界のニュース・エッセイ。書籍がゆえの普遍性をどう求めるか。ある時代を切り取る記録以上の視点を、読み取れなかった。ニュース内容に個人的な興味が薄いせいかもしれないが。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

タイトルの答えは。。 至極さらっとでている

シリコンバレーで感じること アメリカの雰囲気
IT業界にいて感じること
が書かれたエッセイのような感じだった

あー そうなんだぁ と感じながら読む
お茶やお酒を交え 著者と会話したような本だった

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月07日

内容は、ほぼ予想したとおりだったので、そこまで新しい発見はなかったが、雰囲気みたいなものはこの本から伝わってきた。

このレビューは参考になりましたか?