「藤野眞功」おすすめ作品一覧

「藤野眞功」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2013/04/05更新

ユーザーレビュー

  • 犠牲(いけにえ)にあらず
    ある殺人事件の被害者と加害者,週刊誌の記者がそれぞれの思いで動きまわる.刑期を終えた健一のしたたかな生き方は読んでいて面白かった.政治ゴロの山岡の存在が特異だ.
  • 憂国始末
    重厚感と凄み。
    空手のある流派を巡って歴史と現在の織り成す先にある「始末」の話。
    描写が特に優れているという類の小説ではないと感じたので個人的な趣味の問題で☆3つ。作中では何が正義という風に押し付けがましくないあたりに好感をもった。(読み様によっては、押し付けがましいのかもしれない。)
    ああ、「『憂...続きを読む
  • 犠牲(いけにえ)にあらず

    作者の方の前歴にはルポルタージュや文芸評論などを
    されていた...などと書かれていますがまさにその通りで
    作者の言いたい事、思想が小説という手法でギッチリ
    詰まった作品。
    マスコミ報道の在り方、環境問題、経済、政治、家族、
    父親とは...そして被害者遺族と加害者遺族について...多岐に
    ...続きを読む