「蟹沢孝夫」おすすめ作品一覧

「蟹沢孝夫」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2011/08/05更新

ユーザーレビュー

  • ブラック企業、世にはばかる
    産業構造自体が低賃金単純労働を必然的に発生せしめ、家計の主たる人がそこにはまりこみ雇用のミスマッチが生じていることが問題と著者は主張する。この点は評価できる。ただし、最後の問題解決としての雇用流動化は無理があるのではないかという気がする。
  • ブラック企業、世にはばかる
    ブラック企業の恐ろしさを殊更アピールするような本ではない。そういう企業を生み出す背景、勝ち逃げを決め込んでる人達が薄々気付いていても認識しないように意識してる部分、日本の硬直的な採用慣習について書かれている。
    「自分だけ良ければ、他はどうでもイイ」という考えを克服しないとどうしようもない、といった人...続きを読む
  • ブラック企業、世にはばかる
    ブラック会社にも肉食系ブラックと草食系ブラックが存在して、
    肉食系は激務薄給、草食系はというと単純なルーチンワークでそこに居続けてもスキルも上がらないしおまけに転職も出来ないという恐ろしいモノ。

    新卒一括採用、転職35歳限界説など今の日本をダメにしている要因を「会社組織」とリンクして書かれている。
  • ブラック企業、世にはばかる
    ブラック企業(職場)は、現代版の搾取、、、。この本が出版されたのが2010年、今はもっとブラック企業が幅を利かせているようにも思う。一企業の問題というよりも、産業構造に問題あり、という点に納得。
    ただ、例に挙げられているのがエリート級ばかり。普通の人が働く場はすべてブラック企業(職場)にも思えてくる...続きを読む
  • ブラック企業、世にはばかる
    ブラック企業の悪行を暴くのではなく、
    なぜ企業がブラック化するかという疑問に対して答える本。

    上流工程の下流に対する搾取構造に焦点を当て、日本のヒエラルキー社会が抱える問題が平易に説明されていています。

    上流工程や一般消費者の「自分さえよければ他はどうでもいい」というある種の人の業レベルのことを...続きを読む