「加藤俊彦」おすすめ作品一覧

「加藤俊彦」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2018/06/07更新

ユーザーレビュー

  • 競争戦略論(第2版)
    「経営戦略論」は、ポーターがいて、バーニーがいて、ミンツバーグがいるんだね、というところで、分かった気になって、長らく放置していたジャンルなのだが、先日、沼上さんの「経営戦略の思考法」を読んで、刺激を受け、いろいろ乱読中。

    というなかで、今のところ、一番面白くて、情報の凝縮度が高く、しかもわかりや...続きを読む
  • 競争戦略論(第2版)
    経営戦略を分かりやすく解説する本
    一橋大学の先生、
    同じ業種でも儲かる会社とそうでない会社が分かれる理由。

    競争戦略の4つのアプローチを紹介。
    1ポジショニング
    2資源
    3ゲーム
    4学習

    文章がきれいなのですらすら読める。
  • 競争戦略論(第2版)
    同じく競争戦略論を理解するために進められて読んだ。ラーメン屋の例など,事例がいまいちだというレビューも見かけたが,私にはとてもわかりやすかった。これを何回か繰り返し読めば,初心者でも経営戦略論のフレームが頭に入ると思う。
  • 組織の<重さ>―日本的企業組織の再点検
    組織の重さと諸要因の関係を科学的に把握するための貴重な研究。
    ミドル層へのアンケート調査をもとに定量分析を行っている。
    参加企業はプロジェクトに賛同した計18社。BU数は107。

    組織の重さを
    ①過剰な「和」志向
    ②経済合理性から離れた内向きの合意形成
    ③フリーライダー問題(口は出すが責任は取らな...続きを読む
  • 競争戦略論(第2版)
    企業の成長の為には、戦略が必要でそれを策定するためのロジック的な考え方や有効的なアプローチがあるという内容でした。
    戦略論という本は初めて読んだが今の事業部戦略PJ活動に活用できる知徳ができた。

    ・気になるセンテンス
    顧客価値を満たし かつ他社に真似されない企業独自の能力が 企業に利益をもたらす。...続きを読む