「菊地明」おすすめ作品一覧

「菊地明」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2016/04/28更新

ユーザーレビュー

  • 新選組 粛清の組織論
    新撰組といえば、武士よりも武士らしく生きた集団。滅びの美学に殉じたことでも有名。しかし、組織としての新撰組は内部粛清を繰り返した。芹沢鴨、山南敬助、伊東甲子太郎などの幹部クラスを含めて約40人もの組織員が死罪や暗殺などに処されている。その数は戦闘で命を落とした者よりも多い。

    オウム真理教やあさま山...続きを読む
  • 新選組 粛清の組織論
    粛清された側からみる新選組論。個人的には山南と芹沢が面白かったな。新選組の本格的な研究はまだ始まったばかり、だからこそ面白かった。
  • 新選組日誌 上
    1000P超なので正直読むのが大変ですが、現代でいう日記帳みたいにまとめてあるので初心者からマニアまで幅広く読めます。思わず「へぇ~」となるのもアリ。
  • 幕末百人一首
    幕末百人一首読み終わりました。幕末を生きた人々の辞世が解説つきで乗ってる本です。勿論、新撰組隊士の句も乗ってました(嬉)私が覚えていた土方さんの辞世は実は後世の人がより美しい辞世にするために書き換えられたものだと初めて知りました。句の解説や読み方乗っていて古文の勉強にもなりました。
    辞世マニアの自分...続きを読む
  • 新選組 粛清の組織論
    【殺した敵(26人)より、粛清した味方(40人)の方が多い! 】
    この触れ込みに興味を持って読んでみましたが、別段取り立てるものもなく、また組織「論」と言うには疎かな内容でした。また史実と著者の説が混同していて、本当の事なのか定説なのか分からなくなる部分も多く、そのあたりをすっきりさせてほしいと感じ...続きを読む