「軽部謙介」おすすめ作品一覧

「軽部謙介」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2018/05/17更新

ユーザーレビュー

  • 官僚たちのアベノミクス 異形の経済政策はいかに作られたか
    【混沌からの落穂】2012年の総理就任と同時に,安倍政権の目玉政策となったアベノミクス。その政策の成立過程を追いながら,現代日本の政治システムの内側を垣間見た作品です。著者は。時事通信社で解説委員等を歴任した軽部謙介。

    これは名著。政策決定プロセスを考える上でももちろん有益ですが,特に後半に描かれ...続きを読む
  • 官僚たちのアベノミクス 異形の経済政策はいかに作られたか
    アベノミクスの形成過程がよくわかる良書。アベノミクスとはつまりは円高と株価対策であったということか。本書において成長戦略が語られないことは、極めて象徴的に思われます。
  • 官僚たちのアベノミクス 異形の経済政策はいかに作られたか
    第二次安倍政権の誕生とともに金融政策が大きく変わったが、それに至った政治、役所、日銀の攻防が非常に丁寧に、かつドラマティックに描かれていた。当時を知る資料として価値が高いと思う。
  • 官僚たちのアベノミクス 異形の経済政策はいかに作られたか
    金融政策を政党の、そして政府の最重要課題に明記したという点で異形の政策である「アベノミクス」。本書は、時事通信のジャーナリストである著者が、延べ約120人へのインタビュー、公文書、議事録、メモ、日記、備忘録など様々なソースを駆使して、「アベノミクス」という政策について、いつ、どこで、誰によって形成さ...続きを読む
  • 日米コメ交渉 市場開放の真相と再交渉への展望
    大詰めを迎えるTPP交渉だがこれと似た交渉が行われたのが1993年のガット・ウルグアイラウンドの日米コメ交渉だった。協議開始から6年、期限とされる12/15に向けてジュネーブのガット本部では交渉が繰り返され多くの分野でメドがつき始めていた。しかし、コメは違った。

    多国間交渉と言いながらそれぞれ2国...続きを読む