「有元秀文」おすすめ作品一覧

「有元秀文」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2013/11/08更新

ユーザーレビュー

  • 子どもが本好きになる七つの法則 10才になるまでに、親がしなければならないこと
    子どもには早く本のおもしろさを知ってもらおうと思いこの本を読みました。この本にはいろいろな絵本についても記載しており、自分も読みたい絵本ばかりでした。これを機に子どもと一緒に本をもっとたくさん読んでいきたいです。
  • 子どもが本好きになる七つの法則 10才になるまでに、親がしなければならないこと
    読書の大切さを感じた。
    この本は親が子どもに本を好きにさせるには、という視点から書かれているが、私は教師の立場として読んだ。
    読書をする効果は18あると書いてあった。1 集中力が育つ 2 記憶力が育つ 3 考える力が育つ 4 他人の気持ちがわかるようになる 5 他人の迷惑がわかる人間に育つ ...続きを読む
  • PISAに対応できる 「国際的な読解力」を育てる新しい読書教育の方法  ―アニマシオンからブッククラブへ―
    言語がコミュニケーションの根幹を担っているというのは最近とみに思うところです。
    いかに「コミュニケーション能力」が重要だと言っても、その前提である言語能力が整っていない状態では議論すべき俎上にテーマが乗っていないも同然ではないかと。

    人の話を聞き、自分の意見を述べるということは言葉を理解し、言葉を...続きを読む
  • PISAに対応できる 「国際的な読解力」を育てる新しい読書教育の方法  ―アニマシオンからブッククラブへ―
    読解力というのは…
    文章に書いてあることを正確に理解できるかどうかを評価するもので、答えは一つだと思われてきたが、PISAや欧米の読解力では、書いてあることを理解するだけでなく、書いてあることについて自分の意見を表現させるところまで求める。
    つまり従来の日本の読解は受け身な読みで、PISAに代表され...続きを読む
  • PISAに対応できる 「国際的な読解力」を育てる新しい読書教育の方法  ―アニマシオンからブッククラブへ―
    教条的。

    どうして、なぜを感じながら読もうって話。
    読書クラブで、みんなで読んでみんなの感じたことを共有しようってこと。