「神崎紫電」おすすめ作品一覧

【神崎紫電】の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:神崎紫電(カンザキシデン)
  • 生年月日:1985年08月01日
  • 出身地:日本 / 北海道
  • 職業:作家

2007年『マージナル』でデビュー。同作は第一回小学館ライトノベル大賞を受賞している。代表作『ブラック・ブレット』はTVアニメ化されている。その他作品に『恋のキューピッドはハンドガンをぶっ放す。』などがある。

作品一覧

2015/10/09更新

ユーザーレビュー

  • マージナル(イラスト簡略版)
    ブラッディ―ユートピアみたいなサイトがあったら、一回覗いてみたい。
    だからこその一見さんはお断りなんだろうけど。
    結局、マージナルっって言うのは自ら手を下した者であって、間接的であれば一線を越えたとは言わないのか、と疑問がわいた。
    京也はともかくとして御笠の交友関係がヤバイ人ばかり。
    大丈夫か…。
    ...続きを読む
  • マージナル2(イラスト簡略版)
    ヴェルツェーニに犯罪に関して黙認を要求するクロウメモドキの要求も勇気がある。
    クロウメモドキの正体に関しては聖書の内容をちらっとでも知っていればすぐにわかる。
    殺害方法とかまんまでフェイントかと疑った。
    あの京也も日常の世界に属していたことがあるんだな、と、感慨深かった。
    京也の妹ちゃんも優秀でブラ...続きを読む
  • マージナル5(イラスト簡略版)
    京也が出てこなくて焦った。
    双子で百合っ娘とか最高すぎる。
    確かに完全犯罪ってできそうなのにできない。
    必ずどこかが破たんしてしまう。
    確かに、小夜歌の家庭環境や継母の虐待は十分な動機になると思う。
    行政や周りは頼りにならないことの方が多いし。

    ところで、彼女たちの書いていた冒険譚を読んでみたい。
  • ブラック・ブレット3 炎による世界の破滅
    初の続き物。4への流れなので巻数通り読むこと。モノリスの崩壊という一大イベントだが、本格的な戦闘や事態の収拾は4がメイン。
  • ブラック・ブレット2 VS神算鬼謀の狙撃兵
    蓮太郎がカッコ良過ぎてやばい。変に深く考えながら読んだりしなくていいから、本当の意味での「ライト」ノベルとして読みやすい。

特集